鼻にかかった声は改善できるの?

スポンサーリンク

6f342b729985a14e49c86319002fe690_s

鼻にかかった声、好きですか?

もちろん好みの問題かもしれませんが、最近、歌手やアイドルで鼻にかかった声を出す方がとても多いと感じます。

それだけ芸能人としての需要はあるかと思います。

私は、活舌のよい、はっきりとした歌声が好きです。

歌詞を見なくても何を歌っているのかがはっきりわかる歌声を聞くのが好き。自分もかくありたいと思います。

鼻にかかった声って、生まれつきでしょ?仕方ないじゃない、と思う方。もし鼻にかかった声は改善できるのか興味があったら是非ご一読ください。

鼻にかかった声、あなたはどんなタイプ?

鼻にかかった声を俗に「鼻声」と呼びますよね。この鼻声には二つのタイプがあります、

・鼻が詰まった声(閉鼻声:へいびせい)
・鼻に音が抜ける声(開鼻声:かいびせい)

これはよく聞くと、聞こえ方が違うそうですので、自分がどちらのタイプなのかは判断できると思います。

誰かに聞いてもらって判断してもらうといいですね。

閉鼻声」は、言葉をしゃべったときに鼻から抜けるはずの空気が抜けないで鼻の中で共鳴してしまう状態。

「マ行」が「バ行」に、「ナ行」が「ダ行」にそっくりな音で発音されます。

「開鼻声」は逆の状態。言葉をしゃべったとき、鼻から息が漏れてしまって発音がおもうようにいかない状態。

「バ行」が「マ行」に、「ダ行」が「ナ行」にそっくりな音で発音されます。

自分がどちらのタイプかわかりましたか?


原因:「閉鼻声」の場合


閉鼻声は、いわゆる「鼻づまりの声」です。原因としては

1.鼻の病気にかかっていて、常に鼻づまりである。
2.鼻にはあまり異常はないものの、鼻に息を通さない発声方法が癖になっている。

この声は活舌も悪く聞こえがちですし、歯切れも悪いので聞き手が聞きにくいかと思います。

鼻の病気に心当たりはありませんか?

アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症などにかかっているかもしれません。

耳鼻科でそのような症状がないとわかれば、おそらく癖ではないでしょうか。

鼻に空気が抜けていかない人は、ほとんど口呼吸をすることになります。

口から息をするのは口や喉が乾燥しやすいので、風邪をひきやすいと言われています。

スポンサーリンク



原因:「開鼻声」の場合


開鼻声の原因も主に二つ。

1.口蓋裂(こうがいれつ)などの病気にで、鼻に向けて息が大量に流れてしまう。
2.鼻に息を通してしまう発声方法が癖になっている。

口蓋裂とは、鼻腔と口腔を隔てる口蓋突起の発達が不完全で、裂けた状態で生まれてきた方の症状。口蓋裂は現在では赤ちゃんのころに治療してしまいますので、このことが原因の方はあまりいらっしゃらないはずです。

おそらくは舌の筋力不足。息が口に通り抜ける部分を舌がふさいでいるため、息の大部分が鼻に抜けてしまうことが原因でこのような発音になるのだそうです。


自分の鼻声は「病気」なのか「癖」なのか


病気で鼻声になっている方は、閉鼻声でも開鼻声でも、どの音をしゃべっても鼻声です。不可抗力。まずはその病気や症状を治すように心がけます。

癖でそのような話し方をしている方は、直すことができます。ボイストレーニングなどもいいでしょう。

下の動画では、発声の観点からの治し方を教えてくれています。


特に開鼻声の方は舌の筋力トレーニングが必要になってくるかと思います。

できるだけ舌を上顎にくっつけておくこと。

少し大きく口を開け、舌の先を上の前歯の歯茎の少し後ろあたりにつけ、舌の裏の筋を伸ばし、そのまま口を閉じます。

できるだけ一日中それを意識してみてください。

自力でトレーニングしても改善されない場合は、ボイストレーナーに習ったほうがよいかと思います。

もちろん、鼻声が病気でない場合で特に不都合を感じていなければ無理に直すことはないかと思います。

きちんと鼻で息をする癖をつけたい方、鼻声がどうしても嫌だという方は、トレーニングを是非やってみてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ