雨の日はよく音が聞こえる!?~湿度と音の関係性~

スポンサーリンク

7f331a0c745ac38be5057373db9e03a4_s

皆さんの小学校や中学校または高校に音楽室ってありますよね?!
夏の暑い時期に音楽の授業があると幸せを感じませんでしたか?
なぜなら、やたら音楽室だけクーラーが利いて涼しかったような気が・・・。

音楽室が涼しい理由には、金管楽器など高温に弱い楽器を扱っているからと思っていましたが、どうやら気温だけの関係だけではなさそうなんです!

大事なのは「湿度」なんです。

実際に湿度の高い・低いで楽器の音が変わるんだとか…。
どのような影響があるのでしょうか?

調べてみたので、気になったら参考にしていただければと思います!!

★楽器と湿気の関係は?


梅雨などの時期は、人間だって快適に過ごせる季節ではありませんよね。
それは音や楽器においても同じことなんです!
ギター、バイオリン、ピアノ、ベースなど多くの楽器は木で出来ていますが、木は自然の材質。
ということは、湿気は大いに関係してくるってことですよね!

木で出来ている楽器は、湿気によって膨張してしまうんです。

見た目ですぐ木とわかるギターを例にしてみると…
弦を張っている部分をネックといいますが、そのネックは金属ではないので強い耐久性はありません。
ですから温度や湿度によって反ったり曲がったりなんてこともあるそうです。

また、ギターには6本の弦があるのですが、1本ずつ個別に正しい音程に合わせていく作業をチューニングというのですが、それすらも安定しません。

水滴などの水分が楽器の振動を邪魔して音の出方も変わってきてしまいます。
木の部分だけではなく、金属の部分にも影響は出ます!
そう湿気は、金属の腐食を起こったりと条件は最悪です…。

当然、楽器に影響が出てしまったら調整やピアノに関しては調律が必要になってきます。

そうなる前に、必ず対策をしておくのも大事です。
楽器にとってベストな湿度は50%とされていますが、梅雨時期には放っておくと軽く70~80%まで上がってしまいます。

エアコンの除湿機能などで湿度の管理をすることは大事ですが、やみくもに乾燥させればいいというものでもありません。
逆に、乾燥しすぎても塗装に影響を及ぼしたり、木が割れてしまうことも考えられます。
部分的に乾燥させるのではなく、保管している部屋全体をバランスよく除湿するのが良いでしょう。

スポンサーリンク



一番適した方法としては、乾燥剤がオススメです!
楽器ケースの中に、楽器専用の乾燥剤を入れておくだけでも湿度が保たれます。
気をつけて頂きたいのが、楽器用ではなく食べ物などに使われている乾燥剤をしようする場合は、直接ケースに入れずにケースそのものを置く部屋の湿気取りとして、ご使用下さい!


ギターなどの弦楽器においては、特に湿気の多い時期に立てかけた状態で保管しておくと、ますますネックが反りやすくなってしまいます。
一番良い保管の仕方としては、楽器屋さんでよく見かける光景だと思いますが…
「吊るす」です。
こうすることで重力によって下へ引っ張られネックが反りにくくなります。


ここまでだけでも、湿気が楽器に影響を及ぼすということが分かったと思います!
となると…、実際音にも影響は出るのではないでしょうか?


★湿気と音の関係は?



音というのは「空気の振動」あるいは物体の振動に伝達されます。
何か振動するものがなければ音というのは出ません。


『湿度が高い=空気中の水分が多い』
ということ。
ですから、振動する物質が多くなるため音が伝わりやすいというわけですね!


似たような現象に例えると、「鐘の音がはっきり聞こえるときは雨
」なんてことがありませんか?
このことを説明するには2つの性質が関係してきます。
ひとつは先程も述べましたが…


1. 音は湿度が高くなると伝わりやすい
2. 音は湿度の高い方から低い方へ曲がる

ということに関わってきます。


晴れた日は、地表の気温が上がるため音が上へ逃げていってしまいます。
そのため、遠くの音が湿気の多い雨の日に比べて聞こえにくくなります。


私自身もまだ薄暗い朝の早い時間に洗濯物を干していると、昼間には聞こえない電車の音を聞くことがあります。
決して朝は静かだからという訳ではく、上記のことと同じことで説明がつきます!

昼間は日射により地表が温められ、地表近くの音速が大きくなり、地表を離れるに従い温度が低くなるので音速も低く=遅くなります。
逆に夜は放射冷却といって、物体が周囲に電磁波を放射することで温度が下がります。
これも地表近くの温度が下がり、音は下へと曲げられ音が届けられやすくなるわけです。

いかがでしたか?
少々難しいお話になってしまいましたが、湿気は音にも楽器にも影響を及ぼしているんですね!
私は楽器とは無縁の生活をしていますが、今回のことでたいへん勉強になりました♪

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ