軍手の使い道と軍手人形の作り方とは?

スポンサーリンク

1e29c0c95b9d8c2a0847b7a3e0ae82f8_s

日本発祥の軍手は、江戸時代末期に武装訓練のために使われていました。
今でも軍手は幅広く便利に使われていて、カラー軍手やスマホ用の軍手まであります。

値段も安くて伸縮性があり用途が広い軍手は、束でまとめて買う人も多いでしょう。
そんな軍手の使い道や、軍手人形の作り方などを紹介します。

軍手の使い道

軍手は様々な用途があるので、まとめ買いをすると便利です。
伸縮性があるのでサイズに気を使う必要が無く左右の区別もないので、洗って使う時にも困りません。
家族みんなが同じ軍手を使う事が出来ます。
この軍手は農作業などで手を守るために使われることが多く、そしてカラー軍手などおしゃれなものは防寒用として使われています。
その他の使い道は次の通りです。

<お料理の時に使う>
お料理の下ごしらえでジャガイモの皮を剥くときに、滑り止めのイボイボがついた軍手を使うと便利です。
薄い皮なら洗いながら簡単に剥けますし、泥を洗い流すときにも爪の中が真っ黒に汚れなくて便利です。
そしてイカを調理するときに皮を剥くのは滑って大変です。
キッチンペーパーで押さえて剥く方法もありますが、タイプによっては水に溶けてしまいます。
軍手を手にはめて皮を剥けば、さっとできて時短になります。

<植物のお手入れ>
観葉植物をお部屋に飾ると埃がつくので、はらってあげなければいけません。
これも雑巾で拭くより軍手を手にはめてやった方が簡単です。

<掃除に使う>
軍手を手にはめてブラインド掃除に使うのは、広く知られています。
その他にも油ものの掃除の時に軍手を二枚重ねにしてスポンジや束子の代わりに擦ると、簡単に汚れを落とせます。
何回か洗って使いまわした軍手は、ゴム手袋をはめた上に着用するとトイレ掃除に使えます。
掃除ブラシで擦るよりも細かい部分まで手が届くので、洗い残しが無くなります。

軍手人形の作り方とは?

たくさんまとめ買いをした軍手は掃除などに使う事が出来ますが、可愛らしいお人形を作ることも出来ます。
最近の軍手はファッション性が優れていてカラフルになっているので、人形を作るのにピッタリです。
軍手人形の作り方を紹介します。
スポンサーリンク


<縫わずに作る人の軍手人形>
①軍手を1組用意します。
②片方の軍手は裏返しにして指の部分を全部日こめておき、手首の部分も半分内側に織り込んでおきます。この軍手は人形の頭側になります。
③もう片方の軍手(こちらは胴体側)の中指と薬指で、裏返した分手の真ん中あたりを結びます。
④胴体側の軍手の親指を中に引っ込めます。これは人形の服のポケットになります。
⑤指で結んだ上側は人形の頭になり、ここに手首の部分をすっぽりとかぶせます。これでニット帽をかぶった頭が出来上がります。
⑥これで完成。軍手で作ってあるので、指を入れて遊べます。

<縫わずに作るうさぎさん軍手人形>
①ピンクなどウサギに合った色の軍手を1組用意します。
②片方を手首側から2回折り、ウサギの頭を作ります。指を2本残して他の指は中に折りこみます。
③もう片方の軍手はウサギの胴体になります。親指を中に入れ込みます。
④胴体側の軍手に手を入れます。中指と人差し指に先に作った頭を合体させます。
⑤形を整えたら完成です。

さいごに

縫わずに作る軍手人形は、子供でも簡単に作る事が出来ます。私も子供の頃に小学校で、お友達とウサギの人形を作って遊びました。
裁縫が得意な人になると、切ったり糸で縛ったりしてカエルや熊などたくさんの動物の軍手人形を作る事が出来ます。
そしてさらに進歩するとボタンや他の布を利用して人気のゆるキャラの人形まで作る事が出来ます。
たくさん作って動物やキャラクターをそろえると、人形劇も出来るのでお遊戯会の出し物でも楽しめます。
冬休みなどで時間があるときは、親子で一緒に軍手人形を作って遊んでみてはいかがでしょうか。

YouTube 手袋で出来る かわいい指人形です。★How to make puppet with gloves.


YouTube 手袋ウサギの作り方(音声なし)


YouTube はらぺこあおむし

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ