居眠りの最中にビクッとするのは何故?

スポンサーリンク

ec95e811048d5acf5202b210716bedbb_s
電車の座席に座って読書をしてあと一駅と言うところで眠りそうになった時や、授業中に気持ち良く居眠りをしている時に体がピクッと震えることがありませんか?
そして時にはベッドで普通に眠っている時にも、夢を見ている最中に体がビクッとして目が覚めることもあります。
一人の時はいいのですが、周りに知らない人がたくさんいる時は恥ずかしくてまた寝たふりをして誤魔化します。
実はこの症状には理由がありました。
今回はこの症状が何のサインなのか、起きやすい条件や対処方法と一緒に紹介します。

居眠り中にビクッとなるのはなぜ?

授業中や電車の中など、人がたくさんいる所で居眠りして体がビクッとするのは少し恥ずかしい時があります。
気持ちよく眠っているのですが、何故か急に何の前触れもなくこの症状は起こります。
実はこの寝ている時にビクッとする症状には名前がありました。

「ジャーキング」

これにはジャーキングと言う名前があり、入眠状態に入る時に発生する不随意の筋肉の痙攣の事を現します。
そして別名「スリープ・スターツ」とも呼ばれ、この症状が感電や落下のような感覚があるところから来ました。

ジャーキングは、まだ原因がしっかり究明されていません。
現在は睡眠中に夢などを見て、高所から落下したと間違った情報を神経伝達させていると言う仮説が立てられています。
確かに、高い所から落ちる夢を見ている時は足がビクッと痙攣して目が覚めます。
そしてジャーキングは人間に限らず、犬や猫にも起こります。

ジャーキングが起きやすい条件は次の通りです。
・とても体が疲れている
・ストレスがとても強い
・寝入りばな
・レム睡眠(浅い眠り)
・寝ている時に急に話しかけられる
・寝ている時に急に大きな物音がする
・落下する夢を見た時
・病気(周期性四肢運動障害)
・おかしな姿勢で寝ている
スポンサーリンク


寝ている時にピクッとするのを少なくする方法

授業中に居眠りすると、毎回必ずビクッと体が震えるのは恥ずかしいです。
それに他の人はそこまで多くないのに自分は他の人よりもよくジャーキングを起こしているかもしれないと思うと、心配になります。
ジャーキングには起こりやすい条件が複数あります。
この条件から、頻度を減らす対策方法が考えられます。
ジャーキングは疲労やストレスが強い時に起きやすいことがわかっているので、改善するには生活習慣を見直し自分の体のコンディションを確かめる事が大切です。
そして不自然な姿勢で眠る事も避けた方が良いでしょう。

<対策方法>
・ストレスを溜めない(趣味を作るなど、気分転換できる環境をつくる)
・睡眠不足を避ける(昼間の不自然な姿勢での居眠りの原因になる)
・体のメンテナンス(疲れていることに気づいていますか?無理していませんか?)
・食生活の改善(必要な栄養を摂り、体のコンディションを整える)
・適度な運動を取り入れる(ストレッチ・ウォーキングなど、良眠の助けになる)
・アロママッサージなど(疲労回復・ストレスの軽減・リラックス)

以上のような方法でコンディションを整えると、ジャーキングを少なくすることが出来ます。

さいごに

ジャーキングは体から発信されている、ストレスや疲労の蓄積のサインです。
毎日立て続けに起こったからと言ってすぐに病気を疑って心配する必要はありませんが、回数が増えて来たら要注意です。
あまり日頃ジャーキングが起きても気にしなかった人も、体の状態を知るきっかけとして少し気にしてみてはいかがでしょう?
疲労が溜まっていても気付きにくく病気にならないと体を休ませない人は、ジャーキングが起きた時だけ早寝をするなど対策を取りましょう。
少しのストレスなら体に害はありませんが、蓄積して強くなると私達の心と体に大きな病気をもたらします。
ストレスは侮れません。

YouTube トリビアの泉傑作選『寝ている時にビクッとする現象の名前は「ジャーキング」』


YouTube ビクッ!


YouTube 居眠り中に「ビクッッ!?」となるあの現象。それは体からのあるサインだった

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ