元禄箸の由来って知っていますか?!

スポンサーリンク

a9dea294aa5daf480fd2ab7ca5047316_s

「お箸」は日本の象徴と言っていいほど、外国人にも興味を持たれる存在にあります。
自宅で使うのは自分専用の箸があると思いますが、飲食店やコンビニやスーパーで買うお弁当なんかに付いてくるのは、たいてい「割り箸」が使用されているのがほとんどです。


みなさんは知っていますか?!
割り箸にはたくさんの種類があり、その用途や特徴はそれぞれ違います。


そんな割り箸についてお話していきたいと思います。
まずは、割り箸にはどんな種類のものがあるでしょうか。


【天削(てんそげ)箸】

このお箸は高級品で、杉や檜を用いて作られています。
箸の持ち手側の片側を斜めに鋭角的にカットし、材質の木目を強調したのが特徴です。
箸の先を丸く加工したものが多く、大正5年に奈良県吉野郡で考え出され、高級料亭やお客様をもてなす時などに使われています。


【利休(りきゅう)箸】

通常のものですとエゾ松やアスペン材、竹などを使われています。
高級なものになると吉野杉が使用されます。

千利休が考案したとされる※卵中を元にデザインされたと言われています。

※卵中とは…2本に割れてなく中ほどくっついているもの。

箸の真ん中が最も太く両端へ行くにつれて細くなっています。
お茶で有名な千利休が茶席で客をもてなすときに愛用したと伝えられています。
明治末期に奈良県吉野郡下市町で開発されていたようです。


【丁六(ちょうろく)箸】

中溝も四方の面取りも一切されていない最もシンプルな割り箸です。

最近では100膳で100円程度で売られている、最も安いタイプの割り箸です。

木の油が抜けないので油の臭いがしてしまうのが多いのが安い原因なのでしょうか…。

【小判(こばん)箸】

こちらも通常のタイプと高級品としての木の材質が変わってきます。
通常ですと白樺材・アスペン材、高級品のものになると吉野杉が使われています。

箸の手元部分の切り口が小判型に見えることから命名されたと言われています。
割り箸としては最も古く明治10年に奈良県吉野郡で下市町で開発されていたようです。

スポンサーリンク



【竹割り(たけわり)箸】

九州の熊本県南部から鹿児島県北部の豊富な竹材を利用し開発されていました。
油を吸わない性質があるため、揚げ物や鍋ものに最適です。

特に中華料理店で好まれ使われていることが多いようです。
太めで割りやすく、値段のわりには高級感もあるので人気が高く、最近では中国から輸入品が大半を占めています。


【丸(まる)箸】

高級のものですと柳(みずき)が使われ、通常だとアスペン材が使われています。
利休箸同様、1本ずつの組箸になっていてお正月などおめでたい席で使用されることが多いものです。
中太で両端にいくにつれ細くなる俵型で、断面はすべての部分で丸型と特徴的です。


そして最後に…



最も一般的な割り箸
【元禄箸】
白樺やアスペン材、竹を使用し角を切り落とし溝を入れて割りやすくし、断面が八角形が特徴です。
明治20年頃、奈良県吉野郡下市町で開発され、流通量はNo.1です。


もう少し詳しくご紹介致しますと…


元禄箸は4つの角を削り、割れ目に溝をつけて割りやすく加工しています。
正式名は元禄8年9月10日から通用を開始された一両としての額面を持つ小判「元禄小判」と称して明治20年頃に考案されたとされています。


この名称の由来は、元禄時代に江戸幕府が財政立て直しの窮地の一策として、金の含有量を減らした小判を「元禄小判」と呼ばれていました。
元禄箸も箸の4つ角を取り溝をつけて木の分量を減らしことから、元禄小判と同様ということで「元禄箸」と名付けられたとされています。


材料に使われるのもので最も良いとされているのが、杉です。
見た目も良く、綺麗に裂けるという特徴があるため割り箸には最適なんだとか!
木の香りや、適度な強度も良い材質のひとつなんでしょうね。


元禄箸に使用される木材で杉の他に…


・ひのき
木の肌が滑らかで、耐久性も強く、特にひのきの香りは天然の殺虫と言われており、防カビ抗菌効果の強い物資が多いのが特徴です。

・白樺
粘り強く、安値ということから使われています。
樹液が多く木材としての利用はわずかで利用されないまま倒木して朽ち果てている状況が現状です。

・アスペン
先ほどにも良く出てきた木材のひとつで、木質が柔らかく白くて軽いことからマッチの軸の木としても使われています。
カナダに自生する広葉樹で紙パルプ用の質材としても日本に多く輸入されています。

・竹
綺麗に割れ油を弾くという特徴から天ぷらやうなぎ料理などの日本料理をはじめ、中華料理でも好んで使用される木材のひとつです。


いかがでしたか?
普段何気なく使っている割り箸にもたくさんの種類があり、色々な材木が使われていることがお分かり頂けたでしょうか。
元禄箸にも小判から来ている由来があったんですね!


機会があったら割り箸をcheckしてみようかと思います☆

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ