2015年の五山の送り火

スポンサーリンク

996f41ff5cabfa2a72a884aa111c6077_s

夏の風物詩、京の夜空を彩る五山の送り火は、人生で一度は見てみたいものです。

京都の夏というだけで魅力ですが、歴史ある送り火はとても幻想的です。

死者の霊をあの世へ送り届けるために、お盆の時期に送り火を点火したことから、五山の送り火が有名になっていったとされています。

昔は日本の中心であった京都だけに、日本の文化を感じることも出来ます。

今年の夏は、是非五山の送り火を見に京都に出向いてみてください。

それでは、以下に2015年の五山の送り火について詳しく話していきたいと思います。

日時について


毎年お盆の時期である、8月16日に五山の送り火は行われます。

よって、今年も2015年8月16日がその日です。時間は午後8時から最初の「大文字」が点火されます。

そして、次に「妙法」が午後8時5分、次に「船形」が午後8時10分、「左大文字」が午後8時15分、最後に「鳥居形」が午後8時20分に点火されます。

このように5分刻みに点火され、各送り火約20~30分間灯ります。

スポット


当日は交通規制もかかります。

京都市左京区や北区、右京区、加茂街道、金閣寺や渡月橋の周辺などが、午後7時から9時まで歩行者専用道路になります。

特に今出川通や西大路通の一部が、見物客や車で混雑するそうです。

毎年10万人近くの見物客が集まっているそうです。

車で行くのはもちろん避けた方が良いでしょう。

みどころ


1番有名な大文字は、文字が細長く美しいために「女性型」と呼ばれています。

そして、点火時には「皆の流れよいか」「北の流れよいか」「字頭よいか」「一文字よいか」というかけ声がかかり、竹に麦藁を巻き付け親火から火を移した大松明を振りかざし、一斉に点火されます。

このように点火される合図が、各山で異なるのでそれも見所です。

最後に点火される鳥居形は、五山の中で最も勇壮で美しいと称されている送り火なので、有名な大文字を差し置いて鳥居形をメインに見るのも良いと思います。



お食事を頂きながら。


京都定期観光バスでは、大文字の送り火と高台寺のライトアップに京料理が食べられるコースをくんでいるバスツアーを企画しています。

ほかにもゆったりと見たいという方は、有料でお食事を頂きながら市内各ホテル頂上での送り火鑑賞プランを予約すると良いでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ