2015年こうのす花火大会!日程と見どころは?

スポンサーリンク

b47bea7ff3585935c991a8c4a2b2eaa7_s
関東の人気花火ランキング堂々第1位に輝く鴻巣市の花火大会。

ギネスにも認定されたというこの大会、行ってみたくありませんか? 色々調べてみました。

こうのす花火大会はどこのどんなイベント?

今回の正式名称は「燃えよ!商工会青年部!第14回こうのす花火大会」。名前の通り、埼玉県鴻巣市の商工会青年部で企画・開催する花火大会です。

年々注目度を集めて来たこうのす花火大会ですが、昨年開花半径約400メートルという巨大な「正四尺玉」を打ち上げることでギネスに認定され、今年はさらに注目度が高まっています。

その他三尺玉、ラストスターマイン「鳳凰乱舞」などなど、川幅の広さをフルに活用し東京ではありえない華やかな花火を約2時間楽しむことができます。
YouTube:「鳳凰乱舞」


2015年のこうのす花火大会の日程は?

今年は10月10日土曜日に開催されます。18:00開演、打ち上げは18:30~20:30の予定。50万人の観覧客を予想しています。

花火大会会場と打ち上げ場所は埼玉県鴻巣市額田(ぬかた)運動場と荒川河川敷。その回りに有料観覧会場・協賛者観覧会場、無料観覧会場・少し離れて吉見観覧会場(無料)を配しています。

去年までは観覧できた鴻巣西中学校前の荒川土手は、正四尺玉打ち上げのため立ち入り禁止区域となっています。
スポンサーリンク


どんなところが見どころ?

今年は約15,000発の花火を打ち上げ、四尺玉はもちろん三尺玉、ラストスターマイン「鳳凰乱舞」も打ち上げる予定になっています。

この四尺玉は直径約105㎝、重さ460キロ。開花直径は748メートル。文句なし世界一の大きさと華やかさです。

一番の見どころとされるのは最後のスターマイン「鳳凰乱舞」でしょう。300連発の迫力は圧巻で、大轟音とまばゆい光に大感動することうけあいです。

言葉ではうまく伝わりませんので、是非映像を見て、その迫力を堪能して下さいね。

この迫力をより味わうには、有料観覧席を確保するのが一番です。スペースが確保されるので、2時間以上の花火の乱舞を座って鑑賞することができます。自由席(ブルーシート)1人席¥3,780からイス持ち込み可の4人席¥14,040まで。お金を払うだけの価値は充分ありますよ。問い合わせはチケットぴあまで。http://kounosuhanabi.com/


駐車場やアクセスは?

無料観覧会場となっている吉見観覧会場の有料駐車場を利用できます。2000台分のスペースがあるのですが、無料観覧会場が併設されているため、早い時間に埋まってしまうようです。駐車料金は1日で¥2,000。できるだけ交通機関を利用しましょう。

アクセス方法は、無料会場の場合JR鴻巣駅から循環バスで6分、田間宮小学校下車5分。徒歩でも20分ほどです。有料会場なら徒歩30分。タクシー利用もできますが、交通規制がある上非常に混雑するのでお勧めしません。

アクセス方法を始め最新情報がアップされますので、こちらを確認してお出かけ下さい。
 こうのす花火大会実行委員会  http://kounosuhanabi.com/


こぼれ話

「商工会」は、主に市の区域を対象とする商工会議所に比べて小規模な、主に町村の区域を対象とする機関です。どちらも中小企業への支援事業を中心におこなっていますが、商工会のほうはより経営改善普及事業に重点を置いています。鴻巣市の場合は、市ですが商工会議所はなく、商工会を組織しています。

この大会を企画・開催している「青年部」は、この地域で活躍している40歳までの青年経営者と後継者によって構成されています。

約15年前、市民に喜んでもらえやりがいもある事業はないか、と青年部で話し合っているうちに出て来たアイデアが「花火大会」。とはいえ花火には素人なメンバーばかりですから紆余曲折もあったようです。でも「青年部」だけに皆頭が柔らかく、最後はノリで決定したのだとか。

私たちは花火を見るだけですが、実は花火大会を開催するのは大変な労力を必要とします。まず花火製作会社に大体の予算や開催日を伝え、打ち上げ場所を検討し下見してもらいます。安全が確保できる保安距離は玉の大きさによって違うため、場所と花火の内容をすり合わせなくてはなりません。打ち上げ場所付近の土地を利用できるかも確認が必要です。

場所や打ち上げる内容が決定したら、今度は煙火消費許可申請を作成し、提出しなければなりません。許可がおりても消防署や警察など関係機関による検査があります。

このような手続きすべてを約50人の商工会青年部がボランティアでおこない、当日の清掃までするのだそうです。そのことを頭に入れて、マナーを守って楽しみましょう。

この大会には協賛制度があります。今年はもう締めきってしまいましたが、プログラムに名前と金額を掲載してくれ、花火打ち上げの際に名前とコメントを発表してくれるのだそうです。サプライズ好きな方は奮発してみては?プロポーズに利用する人もいるそうですよ。

クラブツーリズムでツアーを組んでいます。観覧席が確保されるので、こちらもお勧め。http://www.club-t.com/special/japan/hanabi/kanto/kounosu/?link_id=cMaBknt5

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ