鎌倉のあじさい祭り【女子旅にオススメ!】

スポンサーリンク

b89b916089dfc74a5873afe2abccb3e8_s

今や全国的にも有名な鎌倉のあじさい祭り。

雨に濡れると、あじさいの水色、青紫、紫のグラデーションがひときわ美しさを増し、風情あるお寺との景色と相まって、毎年多くの観光客の心を魅了しています。

今回は梅雨のお出かけにぴったりの、鎌倉のあじさい祭りの情報をご紹介します。

あじさいが多いのは、崖崩れを防ぐため


もともと斜面の多い鎌倉は、大雨になると崖崩れをしやすい土地だったので、よく根の張るあじさいを植えることによって、崖崩れを防いでいました。

それがいつしか鎌倉にあじさいが多くなり、今のあじさい祭りにつながったと言えます。

元は実用性のために植えられたあじさいが、こうして観光名所にまでなるとは素晴らしいですね。

あじさいの一番の見頃は6月下旬


梅雨時期の花、あじさいの見頃は、例年6月中旬~7月上旬といわれています。

しかし、その中でも一番の見頃となると、6月下旬がおすすめです。

この頃は土日ともなると全国から観光客が押し寄せ、場所によっては入場規制もかかるほどです。

混雑を避けるためには、できれば平日か、土日の早い時間帯に行くようにしましょう。



おすすめのスポットは長谷寺


鎌倉のあじさいを見るのに、一番のおすすめスポットと言えば、やはり長谷寺です。

ここは、鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」と、傾斜地を利用した「眺望散策路」があり、鎌倉でも有数の景勝地となっております。

また、眺望散策路の周辺には40種類以上約2500株のアジサイが群生しており、「アジサイの径(こみち)」として散策も楽しめます。


オトナ女子に人気、鎌倉であじさい鑑賞


梅雨の時期だけにしか見られない、期間限定の美しいあじさいの風景はまさしく必見です。

落ち着いた雰囲気の古都、鎌倉のお寺と、しっとりとした美しいあじさいとの組み合わせは、どちらかと言うと、デートというより、オトナ女子向けで、女性同士で味わいたい女子旅にオススメのスポットと言えます。

あじさいが綺麗に色づいてきたら、歩きやすい靴を履いて、仲良しの女友達と一緒に鎌倉に出かけてみませんか。

梅雨の日でも最高に楽しいお出かけになること間違いありません。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ