鎌倉のあじさい寺、明月院【癒しスポット!】

スポンサーリンク

9d41aabd193b812ed91a547bf1de0a78_s

別名「あじさい寺」とも呼ばれる鎌倉の明月院。

梅雨の季節ともなると、境内は淡いブルー一色に染まり、その美しい「あじさいブルー」に惹かれて、毎年、多くの観光客が長蛇の列を作ります。

鎌倉市の観光スポットでも、常に上位にランクインする明月院とは、一体どんな場所なのでしょうか。

今回は、そんな鎌倉のあじさい寺、明月院の魅力について迫ってみたいと思います。

明月院の歴史


明月院は、臨済宗建長寺派に属するお寺で、首藤刑部太夫・山ノ内経俊が永暦元年(1160)に平治の乱で、戦死した父・首藤刑部大輔・俊道の菩提供養として、明月院の前身の明月庵を創建されたのが始まりとされています。

もともと禅興寺という寺の塔頭でしたが、本体の禅興寺は明治初年頃に廃絶し、明月院のみが残り、現在に至っています。

歴史的に見ても、非常に価値のあるお寺ということがわかりますよね。




明月院のあじさいの特徴


あじさいと言えば、今や花屋さんでは新種の珍しいあじさいをたくさん見るようになりましたが、明月院のあじさいは、8割から9割が日本古来の品種「ヒメアジサイ」という小ぶりなもので、色も青系に限定されています。

昔と変わらぬ、その古風でかわいらしいあじさいの雰囲気は、見る人の心に癒しを与え、不動の人気を誇っています。

色もブルー系で統一されているのも、素敵ですよね。


明月院の見どころ


あじさいの他にも、明月院には見どころがたくさんあります。

たとえば、明月院の代名詞とも言える、円窓は必見です。

この円窓を通して、本殿裏の綺麗な緑の庭園を観る事ができます。

境内には北条時頼廟、北条時頼墓(宝篋印塔)、鎌倉十井の1つである「瓶(つるべ)の井」(「甕(かめ)の井」とも)、「明月院やぐら」と称される、岩を掘りぬいた墓室(憲方の墓とされる宝篋印塔を安置)などがあります。

ちなみに明月院やぐらは、鎌倉で最大のやぐらだそうです。


明月院に足を運んでみよう


JR「北鎌倉駅」徒歩10分、明月院に近づくにつれて空気が違ってくるのを感じられます。

山の背に位置することから自然を感じられ、広い敷地に有名なあじさいの参道や竹林があります。

まるで京都のような雅な風情のある明月院は、日頃、都会の喧騒に疲れた人々の心に、浄化と癒しを与えてくれることでしょう。

皆さんもあじさいの季節、明月院に足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ