花笠まつりの2015年の日程は!?

スポンサーリンク

2dcea07396d236605e1529bd5b6ddfe2_s

山形のお祭りと言えば、青森ねぶた祭り、秋田竿燈まつり、仙台七夕祭りと共に東北四大祭りの一つとされている「花笠まつり」が有名です。

華やかな見た目ながら、勇ましいかけ声が東北の夏を熱く盛り上げてくれます。

2015年の夏は、山形の花笠まつりに出向いてみてはいかがですか。

日時


山形花笠まつりは、毎年8月5日から7日までの三日間開催されます。

よって、今年も2015年8月5日(水)から7日(金)の三日間です。

時間帯は18時から21時30分頃までとなっており、夜のパレードが繰り広げられます。

実は5日から始まるこのお祭り、8月4日に「花笠サマーフェスティバル」という名の前夜祭が開かれます。

同時開催で、山形県観光物産市も開かれます。

開催される時間帯は11時から19時です。

その他にも、花笠音頭を踊ったり、翌日の花笠祭りの成功を祈願して花笠奉納式が行われます。

場所


山形県のJR奥羽本線山形駅周辺の中心市街地です。

山形市十日町・本町七日町通り~文翔館の約1.2㎞の直線コースをパレードします。

山形駅から徒歩約10分の通りです。

車でお越しの場合は、山形自動車道山形蔵王ICより山形駅方面(国道286号線~県道16号経由)約15分です。

都心と異なり駐車場は2カ所あり、周辺有料駐車場が約2000台ございますので、車でも楽しむ事が出来ます。

周辺は混雑すると思いますので、早めの行動を心がけましょう。

団体参加したい方の参加条件


例年6月1日よりパレードに参加する団体の募集をかけます。

参加条件として、4項目あります。

①花笠音頭にあわせて踊ること。

②花笠を持って、又は身につけて踊ること。

③1団体20人以上200人以内であること。

④楽しく参加すること。

衣装は各団体で準備する形なので、是非素敵なはっぴ姿をお揃いで身につけて下さい。



旅行会社を利用した楽しみ方


花笠音頭はもちろん、東北四大祭を楽しめる3泊4日のツアーが各旅行会社で企画されています。

東京都内から出発して、10数万円で東北のお祭りが観覧席付きで楽しめます。

祭男や祭女にはもってこいのツアーです。

そういった楽しみ方もありますので、是非ご参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ