秋の名所「香嵐渓」の紅葉を見に行きませんか?

スポンサーリンク

98406a7083f9d2b0837425431dd53b17_s
今年の秋はどんな場所に行きましょうか。秋と言えば紅葉。日本全国、紅葉のきれいな名所は数多くありますよね。日本の秋は本当に美しくて心が和みます。紅葉のトンネルをくぐって、赤や黄色の紅葉を見上げながら歩くと一層秋を感じられますし、お子さんは落ち葉にも興味津々になりそうです。

川沿いの紅葉も川面に映る赤や黄色が華やかでなかなか趣があります。愛知県の「香嵐渓」は川にかかる橋からも存分に楽しめる紅葉の名所です。それに「香嵐渓」という名前も素敵な名前ですね。

今年の秋は香嵐渓でモミジを堪能しませんか?おススメですよ。

香嵐渓の場所と歴史


香嵐渓(こうらんけい)は、愛知県豊田市足助町にあります。矢作川の支流巴川のそばにあり、愛知高原国定公園の一角に当たります。寛永11年(1634年)に足助町にある香積寺の三栄和尚が巴川から寺までの参道にカエデや杉の木を植えたのが始まりと言われ、その後は地元住民の手によってカエデなどが植え足され、散策道も作られました。

秋には紅葉が楽しめる他、春はカタクリの花などがきれいに咲くことで有名です。

また、香嵐渓沿いの巴川にかかる待月橋(たいげつきょう)という橋も香嵐渓の景色に取り込まれ、絵になる風景を作り出しています。

香嵐渓のカエデ


香積寺の山門まで、色鮮やかな紅葉が続いています。一口にカエデと言ってもいろいろな種類があり、現在は11種類のカエデが植えられているそうです。4000本あると言われていて、イロハカエデ、ヤマモミジ、オオモミジなどのいろいろなカエデを見ることができます。

一見同じように見えるカエデでも少しずつ葉の形が違ったりしていますので、探してみるのも楽しそうですね。落ち葉を注意してみてみましょう。
スポンサーリンク


さぁ、香嵐渓へ行きましょう!


例年、香嵐渓では11月中旬ごろに色づき始めます。そして紅葉の季節、香嵐渓ではライトアップも行っています。日没頃から21:00くらいまでライトアップされているそうなので、幻想的な雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。
主なアクセスは次のとおりです。

公共交通機関利用の場合
【名鉄名古屋本線『東岡崎駅』】から、足助行きバス 約70分 香嵐渓下車
【名鉄豊田線『浄水駅』】から、とよたおいでんバス(市バス)百年草行き 約60分 香嵐渓下車
【名鉄三河線『豊田市駅』】から、足助行きバス 約45分 香嵐渓下車

お車の場合
【関東方面から】
東名高速道路『豊田JCT』から、東海環状自動車道『豊田松平IC』で高速道路を降ります。
(ETC付きの普通車でしたら、鞍ヶ池スマートICで降ります)県道39号を経由して国道153号にでたら飯田方面へ15キロ程。
【関西方面から】
東名高速道路『名古屋IC』で高速道路を降ります。猿投グリーンロードの終点『力石IC』から、国道153号を飯田方面へ10キロ程で香嵐渓へ到着です。
香嵐渓そばに有料駐車場がありますので、ドライブがてらお車でのお越しもOKです。



紅葉の頃には「香嵐渓もみじまつり」も開催されていますので、混雑が予想されます。時間に余裕をもっていくようにしましょう。観光バスの出入りもあるかと思いますので、運転には十分お気を付けください。またライトアップを見に行く方は防寒対策を必ずしていきましょう。

バス停もしくは駐車場につき、香嵐渓の方へ歩いて行くと、待月橋に着きます。橋を渡ると見どころがたくさんあります。香積寺へ向かうのも素敵ですし、香嵐渓広場のベンチで一息いれるのもよさそうです。おまつり期間中はこの広場で何かイベントを開催しているかもしれません。そのほかにも奥に吊り橋があるとのことで、ここのカエデも色鮮やかで見どころの一つです。

豊田市というと、自然というよりは「自動車」のイメージが強いのですが、自然も豊かなのですね。秋は是非たくさん自然と触れ合って、たくさん散策をして、日本の秋を楽しみましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ