沖縄の梅雨の特徴は?

スポンサーリンク

7ca1e168b5167a7110ab69e8c3cdb160_s


以前、沖縄に旅行した時のことです。

現地のバスガイドさんに「沖縄に安く行きたいのなら、5月もオススメですよ!」と教えてもらったことがあります。

一般的に5月といえば、旅行するのに気候が良くて人気ですが、沖縄の場合、関東よりも1ヶ月早い5月が梅雨になるので、旅行代金が安く設定されているそうです。

意外ですよね。

そんな沖縄の梅雨とは、一体どんなものなのでしょうか。
今回は沖縄の梅雨の特徴について、ご紹介いたします。

スコールのような激しい雨


沖縄は見てのとおり、日本列島の中でもかなり南に位置します。

亜熱帯気候なので、雨の降り方も梅雨特有のシトシトとした長雨ではありません。ジャングルのスコールのような激しい雨が降ります。

ですから、ザーッと局地的に激しい雨が降ったかと思うと、すぐ晴れて青空が見えるなんてことも。

こちらでは考えられないことですよね。

一日中、雨が降ることはない


梅雨といえば、朝からずっと降り続くのが普通ですが、沖縄の梅雨は基本、一日中ずっと雨が降るということはなく、

一日の中でも必ず雨が止む時間があるので、現地の人は、その時間をねらって買い物に行ったり用事を済ませたりするそうです。

面白いですね。

梅雨入りは5月10日前後、梅雨明けは6月20日前後。


冒頭でも書きましたが、沖縄の梅雨は関東よりも1ヶ月早いので、過去のデーターを参考にすると、だいたい梅雨入りは5月10日前後、梅雨明けは6月20日前後になります。

ゴールデンウィークを過ぎたら、すぐ梅雨が来るなんて、ちょっと想像がつかないですよね。



沖縄の梅雨は、「なんくるないさー」

実は、沖縄の人はあまり天気予報を見ないし、傘もあまり持たないそうです。

雨が降ってもすぐ止んだり、島の北部と南部でコロコロ天気が変わったりするので、沖縄では梅雨の情報を得るのに、天気予報で一喜一憂するのは無駄で、意味がないそうです。

沖縄の人にとって梅雨とは、「なんくるないさー(沖縄の言葉で「なんとかなるさ」という意味)」なのでしょうね。

物事を何でも楽観的に捉える考え方は、私たちもぜひ見習いたいものです。

これから鬱陶しい梅雨の季節がやってきますが、私たちも「なんくるないさー」の精神で乗り切りたいものですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ