東金やっさ祭りに行ってみよう!

スポンサーリンク

3aa0db80c89fea772b7ec88bf781032f_s


やっさ祭りといえば、「三原やっさまつり」と思う方も多いと思います。

しかし、千葉で開かれる「東金やっさまつり」も注目です。

そんな東金のやっさ祭りについて、あまり知らないという方に紹介していきたいと思います。

東金やっさ祭り


東金やっさ祭りは、2012年からはYASSAフェスティバルとして開催されています。

もともとは、一般社団法人の東金青年会議所が木更津港まつりの「やっさいもっさい」のような新しい市民祭りを作りたいという想いから発足しています。

市民祭りということから、比較的近代的なお祭りという事が伺えます。

毎年8月の第3土曜日に行われています。

主な内容


会場は、千葉県の東金駅前にある東金中央公園周辺です。

ここにメインステージが特設され、ライブパフォーマンスやダンスコンテストなどが開催されます。

また、各地区の団体グループがやっさ音頭を踊りながらメインステージの前を行進します。

「やっさやっさ」というかけ声のもと、盛り上がりを見せます。

市民祭りですので、幼児から大人まで幅広い年齢層と様々なジャンルのグループのダンス姿を見ることが出来ます。

子ども達の参加も多いので、大変可愛らしいです。

露店も例年だと150店舗程出るそうなので、家族でもカップルでもお祭りを楽しむことができます。

最終日には花火も打ち上がります。20時30分から約10分という小規模の花火ではありますが、お祭りのフィナーレを飾ってくれます。



アクセス


YASSAフェスティバルの住所自体は、千葉県東金市黒岩崎1丁目です。

先程お伝えした、会場の東金中央公園は駅の東口側に位置しています。

駅から徒歩5分の距離です。花火の打ち上げ場所は駅の西口側です。

車でのアクセスは、圏央道・千葉東金道路を通り、東金ICで降りてそこから約10分です。

駐車場自体はありますが、駅前のお祭りということなので、東金駅周辺への駐車は混雑具合によってはやめた方が良いかもしれません。

バスを利用の方は、東京駅からはシーサイドライナー、千葉駅からはフラワーライナーをご利用下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ