旅行に行ったらどこへ泊る?「旅館」「ホテル」「民宿」「ペンション」その違いは?

スポンサーリンク

f72a6f213590ac22f169df7767efbc87_s

連休や長期休暇などがあると、やはり頭に浮かんでしまうのが「旅行」。普段の生活とは違った楽しい時間を過ごすことができ、観光地をまわったりおいしいものを食べたりできる絶好のチャンス。

観光も大切ですが、宿泊先も大切。さて、宿泊する宿を決める際、何を基準に決めていますか?もちろん値段も大切ですが、サービス面もちょっと気になるところ。

「旅館」「ホテル」「民宿」「ペンション」どれも旅先で泊まれる施設ですが、皆さんは主にどの施設を選んでいますか?
そもそも何が違うのか、比較してみました。


一般的な「旅館」


「旅館業法」というものがあるのだそうです。この法で定められた「旅館」は、和室の部屋数が5室以上で、1部屋あたりの広さが7平方メートル以上であれば「旅館」となります。だいたい和がベースとなっていますが、必ずしも布団で就寝というわけではなく、施設によってはベッドの部屋もあります。

一般的な旅館では1泊2食つきが多いかと思いますが、素泊まりのプランがあるところもあります。基本的に2名以上での宿泊ですが、もちろん一人で宿泊することが可能な施設もあります。

旅館の多くは温泉などの大浴場がある場合が多く、露天風呂などが楽しめる場合も。
お風呂好きにはもってこいです。食事などもきちんと用意されますので、食事の心配などはいりませんが、食事に行っている最中などに仲居さんが布団を敷きにくるなどもありますので、部屋に立ち入って欲しくない方には向かないかもしれません。

一般的な「ホテル」

「旅館業法」において、おもに洋室の部屋数が10室以上で、1部屋あたりの広さが9平方メートル以上の施設は「ホテル」と呼ばれるそうです。
洋室がメインですので、就寝はベッドになります。
一番多いと思われるのが「朝食付き」なので、泊まる日の夕食はつかないことがほとんど。もちろん素泊まり可能な施設もあります。

ホテルは1名から宿泊できます。部屋は楽しむというより泊まるということを目的としていますので、お部屋の中は機能的かつコンパクトなところが多いです。

一度フロントでキーを預かると、緊急事態でもない限り、基本従業員が勝手に部屋に入ってくることはありません。
セキュリティがしっかりされています。
食事が基本一食のところが多いので、食べに行くのが嫌な方は前もって施設内のレストランなどを確認しておきましょう。

スポンサーリンク



「民宿」「ペンション」の定義


上記の「旅館業法」の規定に満たない宿泊施設が「民宿」「ペンション」だそうです。
就寝スタイルは施設によって布団の施設もあればベッドの施設もあります。
宿泊は基本的に2名以上、食事つきのところが多いようですが、個人経営のところが多く、もちろん施設によっては柔軟に対応してくれるところもあるかもしれません。

土地によっては宿主と一緒にご飯を食べたりくつろいだりしてコミュニケーションをとれることから、その土地ならではの話を聞くことができたり、風習などに触れることができるかもしれません。
また、スキーの時期だけ、海水浴の時期だけ、といった営業方法をとるところもあります。料金も旅館やホテルよりは割安です。


さて、自分はどのタイプの宿泊施設がお好みですか?旅のプランでどこに重点をおいているかで決めるのもいいですね。観光がメインならホテルや民宿・ペンション。
大きなお風呂の温泉が希望であれば旅館。
ゆったりしたいのであれば旅館やホテル、旅先での体験を考えているなら民宿やペンションがいいかもしれません。
せっかくの旅行ですから、自分が思い描く旅のプランに合った施設で、楽しい時間を過ごせるといいですね。
お宿を決めるうえでの一つのヒントになれば幸いです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ