兼六園のライトアップで和の旅を。春夏秋冬、見どころがいっぱい。

スポンサーリンク

1024-768

兼六園は「日本三名園」のひとつ。石川県にあります。江戸時代に石川県を治めていた代々の加賀藩主が作庭にかかわった、風情ある庭園です。
名前の由来は、「六勝」と呼ばれるすばらしい景観の要素を六つとも兼ね備えているので、「兼六園」なのだそうです。
広々とした様子(宏大)、静寂と奥深さ(幽邃)、人の手が加わったところ(人力)、古びた趣(蒼古)、滝や池など(水泉)、遠くを眺めること(眺望)の六つが六勝です。
兼六園といえば冬の雪つりが有名ですが、それだけではない兼六園の魅力をご紹介します。

 

どの季節でも開催期間あり。兼六園のライトアップ


うれしいことに、「この時季に行かないとライトアップは見られない」ということがない兼六園。もちろん開催期間はありますので、例として、平成27年度の予定を調べてみました。
兼六園の年間イベント予定で「ライトアップ」と名前をつけているものは

兼六園無料開園 & 金沢城・兼六園観桜期ライトアップ」平成27年度は4月4日~12日でした。

金沢城・兼六園ライトアップ【初夏の段】」が6月5日~7日。緑が綺麗でしょうね。

金沢城・兼六園ライトアップ【秋の段】」が、「壱 9月18日~20日」「弐 10月2日~4日」「参 11月20日~29日」の三回開催。秋は紅葉が絶対素敵。

金沢城・兼六園ライトアップ【冬の段】」が平成28年1月29日~31日、2月5日~14日。雪つりも済んで、「ザ・兼六園」なのではないでしょうか。

金沢城・兼六園ライトアップ【早春の段】」が3月11日~20日北陸はまだ少し雪があるかな?

花、緑、紅葉、雪景色といろいろな顔を見せてくれる兼六園のライトアップです。

 

 

北陸新幹線も開通しました!GO!

北陸新幹線が開通し、石川県がぐっと近くになりました。

兼六園は金沢駅からタクシーに乗って10分程度。土曜、日曜、祝日はシャトルバスもあるそうです。

兼六園のそばには加賀前田家の金沢城もあり、この金沢城公園もライトアップライトアップ以外にも「四季の花巡りツアー」「ホタル鑑賞」などのイベントがありますので、きっと楽しめると思います。

ライトアップ期間に是非「六勝を兼ね備える」という兼六園へ行ってみませんか?

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ