お盆にハワイへ行こう!

スポンサーリンク

ca615956491cd22af6b3148596bb8c7f_s

お盆のハワイって、すごくリッチなイメージがあります。

ゆったりとしたお盆休みと余裕のあるお金があれば、誰もが一度はハワイで過ごしたいと思っているでしょう。

是非今年は、そんなお盆の過ごし方を経験してみてください。



お盆のハワイの混雑状況


観光地として多くの人に愛されているハワイは、年中日本人の観光客が多いです。

そのため、特別お盆の時に限って混雑しているというわけではないです。

ただし、ハワイはそもそも人気スポットなので空いているという話ではありません。

ハワイ自体は日本人がお盆休みだからといって混むわけではないですが、もちろん日本国内の空港は混雑しています。

お盆のハワイ行きを考える方は、混雑状況よりも値段を気にした方が良いです。

お盆に行くメリット


お盆期間の航空チケットの料金は、はねあがります。

もちろんハワイまでのチケットも運賃が高くつきます。

予算を考えますと、わざわざお盆に行くメリットなんて見出せない気がします。

しかしお盆に休める仕事をしている方は、普段の休みにバラツキがあってもお盆の時期は日程がはっきりしていますので、早いうちに旅行の計画がたてられます。

早いうちから休みの日がわかっていれば事前に予約が出来ますので、通常よりもリーズナブルな価格で購入がきます。

早割というものです。これを利用すれば、比較的長いお盆休みにゆったりと最高なバケーションになること間違いなしです。

それから「AB-ROAD(エイビーロード)」という会社が格安ツアーを提供しているそうですので、要チェックです。

おすすめの航空会社


1番安いと言われている航空会社は、チャイナエアラインです。

成田発で1日1便運行しており、シーズンによっては、復路のホノルル発が9時という早い時間になることもあるそうです。

日本の航空会社では、日本航空(JAL)と全日空グループのエアージャパンがあります。

どこまでもいっても、日系の航空会社が1番信頼できて安心すると思います。

アメリカ系航空会社には、デルタ航空やハワイアン航空があります。

アメリカ系航空会社の良いところは、エコノミークラスでもちょっと広い席があるということです。

やはり国際線なので長時間の飛行がきついという方は、アメリカ系の航空会社をおすすめします。

ビジネスクラスには手は出ないけど狭いのは辛いという方におすすめです。

何を優先順位にするかでおすすめの航空会社も変わりますが、まずはハワイ旅行に行ってみて色々経験するのが良いと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ