えびす講ってどんなお祭り?広島では2015年のいつから?

スポンサーリンク

fff8e4a626c280a6b775b5e944451fb0_s
えびす講」ってご存知ですか? 商売繁盛を祈願するお祭りです。関東、特に東京とその近辺で商売繁盛のお祭りといえば「酉の市」。でも由来は全く違います。

どんなお祭りなのか、調べてみました。

えびす講ってどんな祭りなの?

えびす神を祀り、1年間の無事の感謝と共に商売繁盛を願うお祭りです。

えびす神には諸説あり、七福神の一柱で日本の神様だという説や、外来の神様、あるいはクジラや海からの漂流物を神格化したものであるという説などがあります。

また、日本の神様の中にも「えびす」と名付けられた神様は複数います。そのため、えびすを祀る神社でも、どの「えびす神」か違うそうです。一神教の国では考えられないこのアバウトさが、日本神道の特徴のひとつです。

主流となっているのが「イザナギとイザナミの子供である蛭子命(ひるこのみこと)」あるいは「大黒様の子供である事代主神(ことしろぬしかみ)」をえびす神としている神社です。

古事記や日本書紀に出てこない神様なので、これらの書物に書かれている神々の中から該当しそうな神様を各神社で比較検討したのです。えびす神を祀る多くの神社が、このどちらかを選んでいます。

この二神とも海に関係しているため、民間習俗である海神や漁業神と結びつき、多種多様な力を持つ神様として信仰されています。

さらには「留守神」ともされています。旧暦10月に全国の神が出雲大社に集まるとされているのですが、えびす神だけは行かず、人々を守ってくれているのです。
そんなえびす神に1年の無事を感謝し、今後の五穀豊穣や大漁、商売繁盛、家内安全などを祈願するのが「えびす講」です。地域によって祝う時や回数が違います。

この中でも広島市の胡子(えびす)神社で行われる胡子講(えびすこう)は広島三大寺社祭りの一つとされる、大変盛大なお祭りです。

胡子神社は、蛭子命と事代主神を同時に祀っている、非常に珍しい神社です。そのほか毛利家の始祖、大江広元も祀られています。

スポンサーリンク


2015年の広島のえびす講はいつ?


1603年に胡子神社が建立されて以来、400年以上一度も途切れることなくおこなわれています。なんと原爆が投下された3ヵ月後にもおこなったそうです。

おこなわれるえびす講は、毎年11月18日から20日までと決まっています。この間、広島市中区の胡子神社の回りでは熊手が販売され、商売繁盛の縁起物として多くの人々に購入されています。

また、近くのえびす通り商店街では大売出し、デパートでも大々的なセールをおこないます。毎回10万人以上がおとずれ「えべっさん」と呼ばれている、大々的なお祭りなのです。

数週間前から商店街では飾り付けが始まり、まさにお祭り一色。お祭り中の夜にはステージカーを使用しての神楽や太鼓競演なども演じられ、その最中に景品やお餅がまかれるそうです。

商売繁盛を願って熊手(こまざらえ)を買い求めるのは酉の市と同じ。青竹の先に七宝と呼ばれる大判小判、打ち出の小づちなどを飾り付けたものです。熊手は幸運や金運を「かき集める」ものとして、商売繁盛の縁起物とされているのです。

最初は数千円のものから買い始め、毎年サイズを大きくする(価格を上げる)ことが良いとされています。酉の市では「サイズを下げると運気が逃げる」忌むべき行為とされていて、絶対にサイズを下げてはいけないそうなのですが、えびす様は大らかだということでしょうか。

この熊手(こまざらえ)を購入したら胡子神社に行き、祈祷してもらうのだそうです。

YouTube:広島 イベント 胡子大祭(えびす講)


駐車場やアクセスは?

電車の場合は、広島駅から広島電鉄の5番以外に乗り、「胡町」か「八丁堀」で降りて数分で胡子神社。三越・ヤマダ電機の裏になります。

車の場合、神社近くの駐車場は難しいです。胡子神社の横から中央通りになっていて、そこでイベントがおこなわれます。中央通りは当日歩行者天国になるため、付近は交通規制となります。中央通り付近に駐車場は多いのですが、避けたほうが良いでしょう。

ただ、このエリアは平和記念公園、体育館、県庁などがあるため、少し離れればコインパーキングはいくらでもあるようです。

また、夜も見どころがたくさんあるお祭りなので、一泊してしまうのも良いですね。神社より半径1キロ以内に宿泊施設が70以上あるようです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ