骨盤を締める座り方で美しい体型へ近づこう!

スポンサーリンク

meerkat-768065_640

骨盤は健康のかなめと言われます。

骨盤がゆがみむと、下半身では血液やリンパの循環を悪くするため腰痛になったり足がむくみやすくなりますし、新陳代謝も低下し、冷え性になるといった影響があります。

上半身では肩こりなどがあげられます。

左右の肩のバランスが取れないため、血の巡りが悪くなるのです。

更には頭痛、肥満、不妊、精神疾患など、体だけにとどまらず精神にまで影響を及ぼすのです。

骨盤のゆがみ 開いているとどうなるの?


骨盤は、内蔵を保護し、歩行の衝撃を吸収し、座る時は上半身を支える台座になります。

三種類の腹筋が骨盤を守っていて、周囲の骨や筋肉と連動し、呼吸や運動に合わせて開いたり閉じたりしています。

正常な形の骨盤とは、チューリップ型のハート形です。

ところが、骨盤が四角く開いてしまうことがあります。

そうすると内蔵を支えきれなくなり、胃下垂・腎下垂となり腸や子宮、膀胱が圧迫されてしまいます。

便秘や下痢、生理痛、尿漏れなどの症状が出たり、太りやすくなります。

さらに、股関節もずれるため足の形が悪くなり、O脚やX脚、内股、がに股などの原因になります。

顔の骨格にまで影響は及び、顔が大きくなることもあります。
スポンサーリンク



骨盤が開く原因は?

女性で最も多い原因は出産です。出産時に骨盤が大きく開きますが、そのまま戻り切らない場合があるのです。

また、足をハの字にして座るクセのある女性は結構いますが、その座り方は骨盤を開かせてしまいます。

男性の場合はあぐら。太ももが大きく開いている時は骨盤も開いた状態です。

そのため、しょっちゅうあぐらをかいている人は骨盤が開きやすいのです。

骨盤が開いているかどうか、簡単にわかる方法があります。
・まっすぐ立った時、肩が左右同じ高さではない
・椅子に座った時、必ず足を組んでいる
・靴のかかとの一部(特に外側)がすり減っている
・歩いているうちに、スカートが片方に回ってしまったりねじれたりする
・ダイエットしても下半身が痩せない

このうちのいくつか当てはまるようなら、骨盤が開いていると思って良いでしょう。

YouTube:産後の骨盤引き締めストレッチ座る版



骨盤を締める座り方ってどんな座り方?


骨盤の開きを矯正する座り方はいくつかあります。どれも難しくありません。

①椅子の座り方
 背もたれと背中をつけ、背筋を伸ばして座ります。両足の膝はテニスボール1個分ほど開け、膝の真下に足が来るようにします。猫背にならないよう、机と椅子の間の間隔を調整して下さい。

 逆に、浅めに腰かけ、脚を組んだり投げ出したりすると腰に不均等な力がかかり、骨盤が広がるだけでなく、お尻が垂れてしまうこともあります。

②床への座り方
 脚を投げ出して座るのが、一番負担がかかりません。ただし、背中を丸めたら意味がありません。壁を背にしてかまいませんので、背筋は伸ばしましょう。正座も、左右の足の裏を重ねないようにして背筋を伸ばすと骨盤が閉まります。


ほかにも座ったままで出来るストレッチがあります。産後でも無理なく出来る簡単な方法です。膝を折って座り脚を上げ下げするだけで、骨盤を締める効果があります。

骨盤を締めるとどんないいことがある?


特に女性の場合、骨盤を締めると解消できる悩みが沢山あります。

①生理不順・不妊・難産・更年期障害
骨盤は女性ホルモンと密接に関係しているため、骨盤が正しい位置・形になるとホルモンの分泌が正常になります。そのため、生理不順や不妊に効果があると言われています。

また、骨盤が正常な位置にないと難産になりやすいのです。骨盤が開くと内臓が下がり、子宮が圧迫されるため、赤ちゃんの負担になってしまいます。骨盤の広がり方が左右でゆがんでいると、出産の際にスムーズに赤ちゃんが外に出られない場合があります。

女性の骨盤は加齢で筋肉が衰えると自然に開いてきます。元々骨盤が開いている人が加齢によって更にゆがむと、卵巣に悪影響を及ぼすため、更年期障害がひどくなることがあるのです。

②お腹が引っ込む
 背骨や股関節のバランスが良くなるので、姿勢が良くなります。そうすると腹筋がうまく使えるようになり、お腹が引き締まります。また内蔵が正しい位置に戻りますから、ウエストが細くなります。

③脚の形がよくなる
 筋肉が衰えた状態で歩くと変なクセがつき、O脚、X脚、内股、ガニ股などになってしまいます。そのまま歩き続けていると、筋肉のつき方が偏り非常に硬くなってしまいます。 脚が細くならない、と悩んでいる人は骨盤のゆがみを治しましょう。

その他、骨盤がゆがむと背骨を通して頭がい骨がゆがむので、顔が大きくなったり左右のバランスが悪くなることもあります。


睡眠障害や自律神経失調症をも引き起こすと言われる骨盤のゆがみ。日々のちょっとした動作でも骨盤は締まってきますから、意識的に行動しましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ