見返り美人を目指してうなじのニキビ対策!

スポンサーリンク

b764b4ed87fe25d8a01811500aad6da2_s

見返り美人”とは江戸時代に活躍した浮世絵師である菱川師宣の世界的に有名な肉筆浮世絵で、女性が歩みの途中でふと足を止めて振り返った姿を印象的に描いたものです。

絵にあまり興味がない方でも一度は目にした事があるほど知名度が高い浮世絵ではないでしょうか?

この浮世絵になぞって近年でも後ろから見た立ち姿が美しい女性の事を見返り美人と表現しますが後ろって自分では見えないのでどうしても手を抜きがちですよね。

ちょっと合わせ鏡を使ってうなじをチェックしてみて下さい。

何もしなくても綺麗なら問題ありませんがもしうなじがニキビだらけだったら??

はい、気づいてしまったらもうケアするしかありません!

うなじニキビの対策と予防についてご紹介させて頂きます。




■うなじニキビができる原因


原因が分からなければ対策はできません。まずはうなじニキビができる原因探ってみましょう。

原因1.シャンプーやボディーソープのすすぎ残し
シャンプーやボディーソープのすすぎが不十分でうなじ近辺に残っていると、ニキビの原因になります。すすぎは丁寧に行いましょう。

原因2.ヘアケア剤による影響
髪につけたムースやワックスなどの油分がうなじについてしまうのはよくある事かと思いますがこれもニキビの原因になります。うなじの皮膚が荒れている時はなるべくヘアケア剤はするか、つけても毛先部分だけにしましょう。

原因3.うなじ毛の処理の影響
うなじの毛が気になってカミソリで剃った結果、皮膚に傷をつけてしまい、そこからバイキンが入り、ニキビができてしまうケースもあります。うなじの毛の処理をする場合は皮膚に傷がつかないよう気を付けましょう。

原因4.枕や髪の毛による刺激
枕や髪の毛がうなじに当たり、皮膚がこすれる刺激でニキビが発生する場合もあります。更に、髪の毛や枕が不潔な状態だとより肌荒れしやすくなりますので常に衛生的に保つように心掛けましょう。

スポンサーリンク



原因5.生活習慣の乱れ
不眠・ストレス・偏った食事・運動不足などにより、ホルモンバランスが崩れ、ニキビができやすくなるケースもありますので規則正しい生活を心掛けましょう。

原因6.紫外線による影響
うなじが露出した状態で外出すると、うなじ部分に紫外線が多く当たります。尚、紫外線を浴びると皮脂が酸化し、毛穴を塞ぐことによってニキビの原因になったり、既にニキビができている場合は悪化や色素沈着の原因になるので帽子をかぶるなど紫外線が直接うなじ部分に当たらないよう注意しましょう。

■うなじニキビ対策と予防

原因を総合的に見ると、不衛生や生活習慣の乱れが主な原因という事が分かります。

よって、うなじ部分を清潔に保ち、あまり触りすぎないようにする事と適度な運動とバランスのいい食事、ストレスを溜め込みすぎないなど普段から規則正しい生活をするのが一番のニキビ対策と予防と言えます。

しかしながらニキビが悪化して長期間治らない場合は皮膚科で塗り薬を処方してもらいましょう。




余談ですが先日筆者が電車を降りてエスカレーターに乗っていると前に立っていた若くて、小柄な可愛らしい女性が背中の開いたセクシーなトップスを着ていたのですが、その露出したうなじから背中にかけてニキビと産毛で大変残念な事になっていって軽くショックを受けました。

恐らく遠目でみたら気づかない程度なのでしょうがエスカレーター乗る時って携帯をいじっている以外は視線に困り、前の人の後頭部とか背中をついつい凝視しがちですよね。(筆者だけかもしれませんが・・・)

自分が思っている以上に後姿は人から見られている可能性がありますのでたまには合わせ鏡で自分の後姿がどんな状態になっているかチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ