洗顔料を使わない人、急増中。

スポンサーリンク

0d655fa9e13b5bfcdb533f7e0ebe80d5_s

洗顔料を使わないほうがお肌にいいらしい、って話を聞きました。それは本当ですか?!

洗顔料を買って使っているのに、それは衝撃的な話。

洗顔はスキンケアの基本、洗顔料を使うとつかわないではさっぱり感も違います。

でも本当にいらないのであれば私たちは今まで間違ったスキンケアをしてきたのかもしれません!

洗顔料を使わなくていいという根拠


洗顔料を使わなくてもいいというのはどうしてなのでしょうか。

まず、なぜ人は顔を洗うのかということなのですが、もちろん顔が汚れているからです。

その汚れの種類は皮脂がほとんど。

皮脂を落とすには何がいいのかと考えたとき、お湯であれば皮脂が解けて流れ落ちるし、顔の表面についた汚れは洗い流れるから、無理に洗顔料という薬品を使わなくてもきれいになるから使わないほうがいいのではないか?という理由。

むしろ洗顔料を使うと、界面活性剤が心配である、皮脂が取れすぎてしまうのでカサカサになってしまう、かえって皮脂を多く分泌させる原因になるのではないかなど、いろいろなことが言われています。

洗顔料を使ったほうがいいという根拠


汗をかいた肌、化粧をした顔、お湯だけでは心もとない。

特に化粧は近年、化粧崩れしない、落ちにくいなどのファンデーションや口紅が多く、クレンジングを使ってお化粧を落とし、

さらにクレンジングを洗い流しきれていない部分をさらに洗顔料を用いてきれいに流してしまいたいという理由が一番多いと思います。

男性でも、一日の中で分泌された汗や皮脂をしっかり洗い流してさっぱりしていという方が多いでしょう。

洗顔料を使うとその「サッパリ感」が得られ、きれいに汚れを落としたと感じられるところが大きいですね。

汗をたくさんかいた日、汚れたなと思う日は特に洗顔料を使うと気持ちがいいものです。

スポンサーリンク



実際のところ、どちらが正しい?

どちらが正しいといえば、その方の生活や仕事などによって変わってくるのでしょうが、基本は洗顔料を使うことをお勧めしたいです。

お湯では落ちきれない皮脂、よごれなどをしっかり落としてから化粧水などをつけたほうが、皮膚からの浸透力もよいと思いませんか?

最近は皮膚に優しい洗顔料が多くなりました。

そういったものでしっかり皮脂を落としてあげるのが最適です。

落としすぎはよくないとはいえ、古い皮脂を蓄積させるのは一番よくありません。

しかし、ニキビなどで悩んでいらっしゃる方に提案したいのが、「朝だけはお湯の洗顔」です。

ニキビの原因は皮脂の過剰な分泌による場合が多いので、皮脂をコントロールしたいもの。

夜にしっかり汚れを落としておき、朝の洗顔は寝ている間に分泌された皮脂だけを落とせばいいのです。

先ほども書いたように、皮脂はお湯に溶け出しますし、洗顔料ほどごっそりとりませんので、適度な皮脂を残してくれるのだそうです。

毎度皮脂を取りすぎると、やはり皮膚が足りない皮脂を一生懸命分泌してしまうので、夜はしっかり洗顔料を使い、朝はお湯で洗う。

是非試してみてください。

そして、洗顔料を使うにあたってはいくつか注意点があります。

・洗顔料はしっかり洗い流すこと。髪の毛の生え際、顎の下など、洗顔料をしっかり落とさないと肌に負担がかかってしまいます。

・絶対にゴシゴシこすらない。これも肌には大きな負担です。できることならしっかり泡立てて、キメ細かい泡でやさしく洗顔してください。泡立てネットなどを使うと簡単に泡が作れます。

・顔にトラブルがある場合は、必ず医師の指示通りに。傷やトラブルの種類によっては洗顔料が合わない場合もあるかと思います。もし洗顔料を使わないでくださいと皮膚科の医師に言われたらそれに従ってください。

基本は肌を傷めないようにすること。これが年齢を重ねていくと差がでてくるところなのです。洗顔は丁寧に行ったほうがよさそうです。


できるだけ洗顔料を使って顔を洗うのがいいですが、洗いすぎは禁物です。一日何度も洗う必要はありません。朝と夜にしっかり洗顔をすればOK。上記の情報は個人見解ですので、お肌に異常が出た際はすぐに中止して皮膚科医にご相談ください。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ