受け口を自分で治す方法とは?

スポンサーリンク

051f2040e6d73ede86c4a571e07e4346_s
受け口は、もうなってしまったと感じて治すことを諦めている人も居るかもしれません。
今回は、受け口を自分で治す方法を提案します。

受け口とは?


通常人間のかみ合わせは、上あごが少し前に出ている状態で上の歯が下の歯に被さるような状態にあるのが通常ですが、これが下あごの方が前に突出している状態を言います。

正式には下顎前突と言います。

あごの骨がズレているのか?と認識しますが、実際は歯並びがガタガタになって、歯が普通よりも傾くなど色々な弊害を生んでしまう原因となります。また、普通の人よりも歯茎が下がりやすく歯肉炎や歯周病などの原因となります。

また、あごのしゃくれや会話がしづらい等の不都合が生れ、受け口の人本人も生きていくのが辛いはずです。受け口になる原因は、親からの遺伝が考えられます。遺伝子は良いところだけを受け継いでくれるなら良いのですが、良くないところも受け継ぐ困った性質を持っています。

母親と性格や体型だけは似たくないと思っても、年齢を重ねて行くうちに似てしまうあれと同じ事です。家族内に受け口の人が居る場合は遺伝する可能性がとても高いのです。

また、あごのバランスの悪さが受け口を招いてしまいますので、あまりに極端な受け口の場合は手術を行なうケースもあるため、医療機関に相談を持ちかけて早期に判断を下した方が良さそうです。

この他では口呼吸です。口呼吸は風邪をひきやすくなるだけではなく受け口の原因ともなります。口で呼吸していると舌が下がり気道狭くなり、受け口になるようなくせがついてしまい結果的に受け口を招いてしまいます。


長年のくせで下顎を突き出すようにしている人は注意が必要でどうしても人間の筋肉は
長い間くせのついた方向へと流れていく順応性があり、長年ついたくせは直すことは
難しいものです。
スポンサーリンク


受け口を自分で直す方法はある?


さて、上の項では受け口とはについて書いてきました。続いては自分で治す方法はあるのか?を書いて行きます。子供と大人では当然方法論が変わってきます。何故なら大人は成長が止まっているためそれなりにお金を掛けて治していく方法があります。

基本的に矯正が基本的治療となります。歯にワイヤーを掛けて受け口の基となっている歯を治して行く方法です。費用的には60万円から80万円ほど掛かります。そのため治すためにはある程度の金銭的余裕が必要です。

あごの位置を矯正する外科的矯正でこれは保険が適用され、3割負担で済むので費用的な目算は尽きやすい施術法だと思います。歯を治すだけでは対応できなかった矯正に対応します。

この他かみ合わせを修正する矯正方法があります。大人になってからの受け口矯正は意外と大がかりとなって費用も時間も掛かりそうです。そのため事前調査や周りの評判など入念に行ない失敗しないように踏み切ってください。

これに対して子供はまだ乳歯の状態である事と、どの様な成長をするか解りませんので
ある程度トレーニングなどを行なえば、受け口が修正される可能性があります。口の周囲の筋肉を鍛える方法です。

受け口の状態の時は舌の筋肉の使い方が間違っているのでそれをただす方法です。名前を口腔筋機能療法(MFT)と言います。通常は舌のポジションが上あごの下辺りに置くのが正しいと言われておりその位置に舌を戻す方法です。

この他マウスピースを使って受け口を矯正する方法などがあります。いずれにしても幼少期の方が受け口も治しやすいと言えますね。

まとめ



受け口は遺伝と言うことも考慮にれないとならないので、子供はその環境を選べない状況の中生れてくることになります。そのため幼少期の早い段階で受け口を治して上げる事が必要となりそうです。

また大人の場合は。ある程度金銭的な余裕がないとお金を掛けることが出来ません。そのためある程度は費用が幾ら掛かるかなども見積もる必要があります。いずれにしても自分がどの程度の受け口なのかなどを知る必要はありそうです。

受け口トレーニング動画を貼り付けておきます。


スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ