下がり眉の整え方★いまのトレンド?!

スポンサーリンク

5466716b5c5e966755ec851b22ed073d_s
眉毛の形は、第一印象やパッと見た時の雰囲気を出してくれる部位でもあります。
ですから、眉毛の形や整え方、書き方によって全然イメージは変わってきます。

しかも、眉毛には流行もありますので、その時に流行っている眉毛の形に合わせて整えたりする方が多いとお思います。

太眉や濃い眉、ちょっと前に流行った安室奈美恵さんのような細眉など眉毛一つでも違いますよね。


いまのトレンドと言えばやっぱり… 【下がり眉】ですよね。
また困り眉とも言われ、AKBなどのアイドルに多い眉の形です。

この困り眉のポイントは…
・眉尻を下げる
・眉頭は上げる
・全体的には薄いブラウン、眉尻には濃いブラウンの色味を使い、ボヤッとした印象に仕上げる


これらのことを意識することで、守ってあげたくなる愛らしい印象を植え付けられるでしょう。


でも、眉毛は人の印象を変えてしまうこともあります。
中には、顔やイメージに合わない眉毛にして、残念なことにもなります。


数ある眉毛の形の中で、眉毛別に似合うタイプをご紹介します。


★下がり眉が似合う人
つり目で印象が少しキツめに見えてしまう方にオススメです。
並行より少し下げることで柔らかい印象を付けやすいようです。
目と眉の距離を知覚することで、欧米人に近い顔立ちになるでしょう。


★太眉が似合う人
目が小さめで顔が大きめの方にオススメです。
眉頭・眉尻を長めにすることで、目が大きく見えて小顔効果を出してくれます。
顔の印象もハッキリ与えるので、メリハリも出ます。


★細眉が似合う人
顔が小さくて、目が大きい人、童顔がコンプレックスで悩んでいる方にオススメです。
眉毛と目の間を空けすぎると、まぶたが強調され過ぎてしまい、逆に目が小さく見えるので注意しましょう。
また。お顔立ちによってはキツイ印象を与えてしまいがちなので気をつけましょう。


★並行眉が似合う人
面長な人にオススメです。
眉毛に角度をつけてしまうと、顔が少し長く見えてしまうので気をつけましょう。
ふんわりとした印象にさせるには、グラデーションぽっく描くのがコツです。


★アーチ眉が似合う人
おでこのラインが広い人や顔の堀が浅い方にオススメします。
眉頭から眉山まで緩やかなカーブを描くように角度は付けずに丸みを帯びた状態に描いていきます。
可愛らしい印象や清楚な印象を演出してくれます。


では、実際に困り眉になるために整えて行きましょう!


ではご用意して頂くものがありますので、揃えてください。


<準備するもの>

スポンサーリンク



・眉バサミ
普通のハサミではダメですよ。
眉毛のカーブに合わせて細かい部分を調整してくれるので、ひとつあると良いでしょう。


・アイブローブラシ&コーム
ブラシとコームが一体化されているのが便利でしょう。
毛流れを整えることで、眉毛の切りすぎを防いでくれます。


では、実際に下がり眉の書き方を伝授いたしましょう。


❶外側のラインを取る


眉山は気にせず、パウダーを使って平行型の形をふちどります。
強い印象になってしまいますので、ペンシルタイプの使用は控えましょう。
眉毛の上のラインに沿って、ポイントである眉尻
を下げ気味に描いていきます。


❷細かな部分の修正


パウダーでフチの中を塗りつぶしていき、眉全体を太くするイメージで、眉毛全体のバランスを見ていきます。
この時、眉毛の下の部分をベースに描いていき、眉尻と繋げていきます。


❸眉マスカラで色味の調整


最後にパウダーをなじませるように、眉マスカラで整えていきます。


下がり眉は、少し太めに描くため最初は抵抗のある方はいっらしゃると思います。
そのような方は、少し細めの平行眉をイメージして描いていきましょう。
元の眉の形は残し、眉頭をほんの少し足すだけで、ナチュラルになるので、ぜひ挑戦してみてください♪♪

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ