ラブレットの開け方~自己責任でお願いします~

スポンサーリンク

e127c2f616538e671ef7d723f80aace7_s
ラブレットはピアスの一種。下唇の下、つまり顎のあたりにつける口(くち)ピアスです。

自分は耳にもピアスの穴が開いていないので、口にするピアスなんてガクガク震えそうなのですが、写真などをみるとかわいいものもあるようです。

さて、このラブレット、どのようにして開けるのでしょうか。

自分で開けるラブレット


正直、痛いと思います。でも、「おしゃれは我慢」に共感できる方はチャレンジしてみてください。

ただ、やはり体に傷をつけるわけですから、医療機関で相談して開けることをまずお勧めします。そのうえで、ラブレットを自分で開ける方法を書いていきます。

まず、基本情報ですが、ラブレットは他のピアスと違い、金具をキャッチする側に装飾がついています。

なので、キャッチする側が外に出て人に見えるのです。そして口の内は平らになっていて唇に沿っているような形状です。

その唇裏側になる口腔内の粘膜は比較的治りが早く自分で開けやすい部位かもしれませんね。耳たぶより早く安定することもあるようです。

ピアスの口腔内部分が歯茎に当たる場所につけるのがラブレットと言います。ちなみに口腔内部分が歯に当たる部分をリップと呼ぶそうです。

さて、必要になってくるものは以下のものです。
・ニードル14G
・ニードルと同じGのバーベル系ピアスかCBR
・清潔なコットンかガーゼ
・抗生物質入り軟膏
・清潔な小さい器 (ニードルやピアスの滅菌用)
・清潔な消しゴム
・消毒薬(消毒用アルコール)
・うがい用イソジンかリステリン
・ティッシュ
・マーキングペン(顔料インクペンでも可)

※あった方が便利な物

・クランプ
・医療用手袋
・定規
スポンサーリンク


下準備はきちんと


まずは事前準備です。きちんと準備をして臨みましょう。
・きれいな消しゴムを約1cm×1cm×5㎜くらいにカットしておきます。
・消毒用のアルコールに上記の消しゴム、ニードル、ピアスを浸して消毒します。30分くらいで大丈夫でしょう。
少々時間がかかりますが、穴をあけることを成功させるための大事な作業です。


いよいよ開ける準備。そして開けます。


さて、いよいよ開ける前の最終準備です。うがい薬でうがいをし、口腔内をきれいにしておきます。消毒薬をガーゼに付けて、皮膚表側をきれいに拭いてきれいにしておきます。

その後、ペンで開けたい場所に印をつけましょう。ラブレットをつけることのできる範囲ならほぼお好みの位置。だいたい最初のラブレットの方は真ん中に開けるようですね。

ここまで、とにかく清潔を保つことが一番です。

さあ、このペンで印をつけた位置に穴を開けていきます。クランプがある人はしっかりと唇を押さえ、ニードルに軟膏を塗り、唇の内側に消毒済みの消しゴムを入れておき、できるだけ垂直に刺します。貫通したときにこの消しゴムでニードルを受け、歯茎を傷めないようにしておきます。
http://ks.c.yimg.jp/res/chie-0/96/451/i4/kutipi2.jpg

貫通したら、そのまま後ろにピアスをつけて押し出すようにして装着。キャッチを締めてまずは終わりです。

穴は傷ですから、肌が落ち着くまで清潔にしておきましょう。ファーストピアスを使ったほうがいいかもしれません。

まず開けてから2日間はピアスを動かさないようにして、患部にボディソープ等を泡立てた泡を乗せシャワーで洗い流すだけにしましょう。

普段のケアとしては、暖かいお湯でピアス周りをよく洗い流し、大まかな汚れを取ります。

次に、家庭にあるボディソープをよく泡立てます。ピアスを開けた場所を包み込む様にその泡を塗布します痛みがなければピアスを前後に動かしてホールの中も洗いましょう。

痛いときはしないでください。泡をつけたまま2~3分放置して、汚れを浮かせます

穴を開けて2日間はピアスを動かさないほうがよさそうです。
 
泡や石鹸カスが残らないようにしっかりと洗い流し、患部を清潔なタオルで拭き、水気が残らない様にして下さい。

3日目以降は、体から分泌物が出やすくなり、ピアスが汚れやすくなるので注意しましょう。

ホールが安定して来たかな?と思ったら1日1回、入浴時だけで結構です。

口の内部はイソジンやリステリンで1日3、4回を目安にすすぎましょう。

以上が基本的な毎日行うケアの方法です。
さぁ、あなたも・・・開けてみますか?

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ