つり目を治す?効果的な方法は?

スポンサーリンク

3ed6db15464dd74c7e891df72bd6237e_s

つり目な方は「きつく見える」「冷たく見える」などと気にしていらっしゃると聞きます。
自分の顔は自分で作ったわけではないので気になるからといって粘土のように簡単に変えることはできません。
しかし大きな目やたれ目にあこがれる女性も多いのが事実。

少しずつでも、何かを使ってでも、なんとかしたい!という方にお勧めの方法を調べてみました。

手っ取り早い!「美容整形」

今の時代、顔の気に入らないところは整形しちゃう!という人も多くなりましたね。
やはり、極端な顔のパーツは直したくなるもの。

特に目をたれ目にするような手術は一般的に行われているようです。
方法としては、世にいうプチ整形の範囲とされる、糸で引っ張り癖付けをする方法(料金目安:10万円)と、皮膚にメスを入れる本格的な方法(料金目安30万円)があります。

金額も大事になってきますが、今後の自分の顔が医師の腕にかかってきますので、信頼できる、できれば経験豊富な医師に相談したほうがよいかと思います。

特に目はその人の印象を決めることが多いので、手術後に納得いかない出来栄えだったり傷が残ったりするようだと今後の生活にも影響してきます。

手術の方法はどちらを選んだほうがより自分の理想に近くなるか、失敗例などはあるのか、目をいためることはないのか、わからないことを手術前にきちんと説明を受けて納得してから手術に臨んでくださいね。

自分の技術で顔を変える!「メイク」


自分でメイクの技術を磨き、自分の思い通りの顔を作り上げることができたら素敵ですよね。
タレントさんのそっくりメイクなどは本当に驚きます。

YouTuberさんにもメイクを得意とする方が多くいらっしゃって、見ていると日々のメイクなどにとても参考になります。

皆さんもいちばん最初に思いつくのがこれではないでしょうか。


スポンサーリンク



コツは、アイラインは、目尻を下げて書く、濃いブラウンのアイシャドウを下まぶたに使う(目尻側に)、マスカラも下まつ毛にしっかり塗ること、これによって目がつりあがっている印象を消し、下がり気味の目に見せてくれるかと思います。

お化粧でなんとかなるようなら、手術費用より安く済みますし、怖い思いも痛い思いもしなくて済みます。
ただ、毎日しなければいけませんし、学生や社会人も職業によってはあまりばっちりメイクができない人もいるでしょう。そのあたりが難点ではあります。

地道な方法「マッサージ」


自分の顔をよく知って、マッサージでたれ目がなおるといいですよね。
しかし、このマッサージをするとあら不思議!あっという間につり目がなおってしまう!
なんてマッサージは残念ながらありません。

しかし、つり目になってしまう原因のひとつに筋肉の緊張などがあります。
そういった緊張をほぐしてあげることは大切なことです。時々ヘッドマッサージをして頭皮のあたりから疲れや緊張をほぐしていきます。

目のあたりのマッサージをする方法もあります。
こちらは目をぱっちり大きく見せるマッサージのようですが、疲労や二日酔い、寝不足などで目が細くなり、目つきが悪く見えるような時にはマッサージを行うことで少し改善します。顔にマッサージをする場合は皮膚を強くこすらず、回数もよく守って頑張ってみてください。

不機嫌な表情よりもご機嫌な表情のほうがつり目も気にならなくなると聞いたことがありますので、気持ちが軽くなる意味も込めてマッサージを行うのもよいことかもしれません。




つり目をなんとかする方法、いかがでしたでしょうか?
私は気になるほどのつり目ではないと思っていますが、昔から不機嫌な日はすぐバレますし、笑顔でいないと目つきが悪くなる、と言われていました。

頭皮をよくマッサージしたりメイクを工夫するなどして印象を明るくしていきたいと思っています。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ