くるぶしのかさかさを治すには○○をマッサージするのが効果的!?

スポンサーリンク

a349f497badbfcc9d18e93bf6573a6bc_s
なぜか、くるぶしだけかさかさするそんな経験はありませんか?今回は、そんな状態の時の対処法について書いていきます。まだ夏は始まったばかりですが、くるぶしの黒ずみが気になる場合には、参考にしていただければ幸いです。

くるぶしがかさかさになる原因は?


くるぶしが乾燥かさかさになる原因は、お風呂で洗いすぎているそのため肌の潤いを自ら取りすぎて乾燥を招いています。また、靴下やサンダルなどを履く事によって、くるぶしの色素沈着を招き黒ずみにも発展します。

テレビなどで角質を取り、肌を綺麗にするブームが起こりそれに伴いくるぶしにも同じ事を行なった結果くるぶしが硬くなり乾燥を招いた事も原因の一つと言われています。くるぶしは足の他の部位に比べ皮膚が薄いので、他の皮膚と同じような対応をしてしまうとかさついてしまうのです。

また、血行不良を招いて乾燥状態が作り出されているケースが考えられます。その際は生活パターンの見直しが必要です。一度一日の生活サイクルを見直す作業が必要となります。また、意外な病気が後ろに隠れているケースもあります。

考えられるのは糖尿病で多く尿が体内に放出されるため、肌が脱水状態となるわけです。
そのためかさつきや黒ずみが起こります。下記に書かれる対策をしても改善されない場合は原因の特定の一つに考慮しても良いでしょう。

くるぶしのかさかさを改善する方法って何かある?


まずは、くるぶしのかさつきの改善にはお風呂に入った際、シャワーだけという入浴方法を辞めて、浴槽に浸かりふくらはぎをもみほぐす事で血行改善を促します。ふくらはぎには太いリンパ腺が通っているため揉みほぐすと血行の改善が期待されます。

これにより、血液が隅々へと行き渡り黒ずみ改善へと繋がる可能性が高まります。お風呂浴槽に浸かり、ふくらはぎを揉みほぐすだけなら、お金も掛かりませんし身体も芯まで温まり色々と良い効果を生みますので試してみる価値はあります。

また、冬場は夏場に比べ湿度が低いので乾燥を招きがちです。その状態を放置するとやがてくるぶしが痒くなったり痛みを起こしたりするようになります。そうならないために普段から保湿を頭に入れながら保湿クリームを利用しましょう。
スポンサーリンク


特に、尿素やコラーゲンが入った保湿クリームを使用するようにしましょう。こうする事で
肌の油分をキープする事が出来ますので、かさつきや黒ずみ対策にもなりますのできっちりと対策を行ないましょう。

また、すぐには効果が出ず肌が再生されるターンオーバーの期間は28日間と言われています。そのため根気よく肌の保湿に努める事が必要です。また、これを試してもかさつき黒ずみが思うように改善されない場合は皮膚科を受診し肌の状態を見て貰う事も必要になります。

最近では、あまりするケースも少なくなってきたとは思いますが、長時間の正座もくるぶしにはあまり良い状況とはなりませんので避けて下さい。肌のプロがアドバイスしたくるぶしの黒ずみ動画がありますので載せておきます。



まとめ


今回はくるぶしのかさつきについて書いてきましたが、生活習慣改善をすれば大分かさつきが良くなる可能性がある事が解りましたね。くるぶしの黒ずみが気になったらシャワーはやめ風呂に浸かりふくらはぎを揉むところから始めるという簡単なところからの見つめ直しが必要ですね。

また、くるぶしのかさつきは単なる肌の状態が悪いだけなのかと考えていましたが、色々な要因が絡んでくるぶしのかさつきに至っているその様な認識に変わりました。今後は対策を行なった上に色々な原因を考えて見る選択肢が広がったのでは無いでしょうか?

黒ずみがどうしても気になる場合は、ファッションについても考え直す必要がありますね。
摩擦を起こさないようなファッションを行なえば、必然的にくるぶしのかさつきも気にならないようになると思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ