うなじが毛深いとおしゃれなヘアアップも台無し!?

スポンサーリンク

ff228f4324aaa76c3efbcdf191f470fd_s

夏と言えば花火大会!花火大会と言えば浴衣!

綺麗な浴衣を着て、メイクも完璧、髪型も浴衣に合わせてアップにして・・・ってちょっと待って!あなたのうなじは大丈夫??

浴衣からチラッと見えるうなじはとっても色っぽいですがそのうなじが毛だらけでモジャモジャだったら折角いい感じだった彼との百年の恋も一瞬で覚めるはず!(彼が体毛好きのマニアックなタイプならいいのですが・・・)

浴衣でなくても夏場は髪を下しているのは見た目的にも暑苦しいし、自分自身もアップにしないと首周りに髪がまとわりついて結構つらいですよね。

他の人はどうやってうなじの処理をしているのか意外と聞きたくても聞きづらい事を調査してみました!


【毛深い人の印象は?】


毛深い人が持たれやすい印象としては“不潔”、“暑苦しい”、“体臭が強そう”などマイナスイメージばかりがつきまといます。

実際に体毛が濃いと蒸れて匂いが発生しやすくなりますので体臭に繋がります。

また、女性の場合は少しのムダ毛が残っているだけで男性側から生理的に無理!と幻滅される傾向にあるようです。

残念ながら体毛に寛容な男性はかなり少数派のようですね。



【うなじの毛のお手入れ方法は?】


うなじの毛は自分で見えない為、セルフケアするのが大変難しい場所の一つです。

特に体が固い人は無理な体勢で腕がつってしまい、痛い思いをした経験をお持ちではないでしょうか?

うなじの毛の処理は下記のように様々な方法があります。

◎剃刀などで剃る派
剃刀で剃るとてもオーソドックスな方法。無理な体勢の為、誤って皮膚に傷をつけてしまったり、腕がつってしまうリスクあり。



◎除毛クリーム派
除毛クリームで除去。剃刀より難易度は低いが皮膚が弱い人は肌荒れの可能性あり。

◎ワックス脱毛
文字通りワックスで脱毛。除毛クリームと同様に肌の弱い人は荒れる可能性あり。また、少々痛みを伴う。



◎脱色派
うなじの毛を明るく脱色。ムダ毛を明るく染める事によってムダ毛を見えづらくするが実際には毛が残っているので近づくと毛があるのがばれる。そしてうなじの毛と髪の毛の境目が分かりにくい為、失敗しやすい。

スポンサーリンク



◎永久脱毛派
永久脱毛サロンへ通う。もっとも楽な方法だがなにしろお金がかかる。数回通う必要があるので時間も必要。



◎美容院でお任せ派
カットの際などに処理をお願いする。オーダーする際“うなじの毛を剃って下さい”というのがかなり恥ずかしい。

イケメンの美容師さんが担当の場合、女子にとってはほぼ罰ゲームに近い。

そして美容院によっては断られるケースもあり。

また、カットの頻度にもよるが次のカットの時までうなじの毛が伸ばし放題になってしまう。

【うなじ美人を目指して!】

お手入れ方法は人それぞれ好みに合わせて行うのがベストですが、一番お手軽に自宅でできるのがシェービングする方法ではないでしょうか?自宅でのシェービングの方法についてご紹介します。

<準備する物>
・鏡2枚
・髪留め
・シェーバー
・蒸しタオル×2
・シェービングクリーム
・保湿クリーム

① 鏡を向い合せにセット(うなじ部分が見えやすいように)
② 髪を上にあげ、うなじを見えやすくする。
③ 蒸しタオルをうなじにあて、毛穴を開き、毛を柔らかくして剃りやすくする。
④ うなじにシェービングクリームを塗ってシェーバーの滑りを良くする。
⑤ シェーバーで剃る。(事前にうなじの理想の形を決めておく。)
⑥ 軽く蒸しタオルでふき取ってから保湿クリームを塗って肌の状態を整えて終了。


ムダ毛は剃っても剃ってもしぶとく生えてくるので時間と金銭的に余裕がある場合は永久脱毛で完全におさらばしてしまいたいですね。

実は筆者は永久脱毛で肘下、膝下、脇を数年前に処理済みですが最近また少しずつ復活してきました・・・(泣)

最近では脇の永久脱毛が数百円(セット価格等)~数千円と破格の安さですが当時は脇だけでも結構なお値段でした。

技術の進歩で少しずつ価格もお手頃になっているのかもしれませんね。

いつか全身脱毛が10万円以下でできる時代が来るといいですね。(遠い目)

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ