いちご鼻が治らないのは何故?

スポンサーリンク

6065f5799b39e4d1dcb6cb3c71dfe130_s
いちご鼻って毛穴が目立ってしまって恥ずかしい、そんな思いを抱いている人もいるかもしれません。しかしなってしまったら、どうやって治していくのか?何故なってしまうのか?等を今回は調べて書いて行きます。

いちご鼻とは?


毛穴に古い角質や皮脂が詰まって黒ずんだ状態を、いちご鼻といいます。見た目がいちごの表面と似ているからです。しかし、いちご鼻なんて名前とは裏腹に、長い時間を掛けなければ治る事が難しい物です。

病気ではないので、個人的に出来るケアの範囲でいちご鼻を改善することは出来ます。ドラッグストアやインターネットショッピングサイトで、売られている毛穴ケアなどを使用する等すると、毛穴の汚れを取ることは出来ますが、無理矢理行なってしまうと汚れが取れたところが穴となって、そこに新しい汚れが入って前よりも悪い状態となります。

また無理矢理、毛穴から汚れを出すような行為は絶対にダメです。理由は肌がダメージを受けるためです。そうなると、クレーターのように毛穴の部分が変化し汚れが毛穴に入っていなくてもいちご鼻のように見える状況となってしまいます。

ではどうして、いちご鼻になってしまうのでしょうか?食生活や生活習慣の乱れが起因していると言われています。深夜まで働いていて朝寝たりするような、昼夜逆転生活や栄養バランスを顧みない食事を繰り返していると、いちご鼻になってしまうケースがあります。

脂分が多くて、鼻がテカっている状態となっている人などはいちご鼻になる可能性がとても大きいです。この他では、いちご鼻になる事または、なっているために自分で過剰なケアをしてしまっている場合などいちご鼻になりやすい物です。

いちご鼻が治らない場合の対処法って何かある?


いちご鼻が治らないケースはどうしてもあります。そんな時は色々と見直していく必要性があります。まずは、今使用している化粧品を変える、何故変えなければならないのか?それは今まで肌を綺麗にする事だけを考えて使っていたクレンジングなどが肌と合っていない可能性があるからです。
スポンサーリンク


その場合は自分の肌質を、化粧品売り場やドラッグストアや皮膚科などでチェックして貰い、参考にしながらクレンジング剤を選び直しましょう。気付かないうちに毛穴パックを過剰に行なっている場合には、毛穴パックの回数を減らし月一度位に減らしてみましょう。

そうすることで逆に、肌を守る事に繋がりいちご鼻は自然となくなって行く、可能性が高くなります。また、手で鼻を触る癖がある人も要注意です。何度も触っていると皮膚が分厚くなってしまい毛穴がふさがれて汚れが取り辛い状況となってしまいます。

まとめ


人はニキビや小さいできものが出来ても、気になる物です。そのため、鼻がまるでいちごのようになった場合はどうにかしてそれを回避したいと考える物です。ですが、なってしまうからにはそれなりの原因が積み重なり、時間が掛かっていちご鼻となっている訳です。

まずは、身近なところで生活習慣を修正し、食生活を改める事が大切だと感じました。やはり意識していない食生活と野菜を摂る事やカロリーなどを気にしていた方がそれだけでも体調が変わってくるはずです。

そこを考えた上で、睡眠時間も十分取るように心がけましょう。睡眠時間が足りていないと
肌が再生されるところまでいかないうちに、時間が経過してしまい肌にとっては逆にダメージを与えられてしまうそんな悪循環に陥るケースもあります。

いちご鼻にならず、綺麗な肌で過ごすにはやはりある程度の自己管理能力が求められますね。身体が元気な時は大して影響もない部分というのは考えてもいないのですが、意外と
後から取り返しの付かないことになるケースも多く悩みを抱えるケースも少なくありません。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ