絶滅した肉食動物「サーベルタイガー」その理由とは?

スポンサーリンク

7bdafe515d06774a076fefb70682a4eb_s
絶滅してしまった動物といえば、まず恐竜が挙げられます。恐竜の絶滅理由について、研究しておられる方たちもいろいろな説を発表しておられますよね。

恐竜の他にも絶滅した動物はたくさんいますが、中でも知名度も高く人気の動物といえば「サーベルタイガー」です。

スリムな体型に、長くて鋭い牙。強そうな見た目のサーベルタイガーが絶滅してしまったのはどうしてなのでしょうか。

サーベルタイガーはこんな動物でした


サーベルタイガーと一口に言いますが、例えば象にも「アフリカ象」「インド象」などの種類があるようにサーベルタイガーもいくつかの種類があります。

マカイロドゥス、ゼノスミルスなどといった名前の仲間がいたようですが、スミロドンという種類がサーベルタイガーの代表格で、場合によってはスミロドンの別称としてサーベルタイガーと呼ぶことがあるくらいなので、スミロドンの話を中心に書いていきます。

サーベルタイガーは、剣歯虎(けんしこ)とも呼ばれ、犬歯が牙のように長く、20cm以上にもなったといいます。

イメージとしてはネコ科のようですが、厳密にいうと「ネコ科に近いカテゴリー」という見解もあります。

ヒョウやチーターのように獲物を走って捉えていた、まさに食物連鎖の一番上の存在でした。

漸新世後半~更新世にかけて繁栄しました。斬新世とは3400万年前~2300万年前くらいの時代。更新世は258万年前~1万年前です。なので、簡単に考えて2000万年くらい前から繁栄していたサーベルタイガー。

絶滅は更新世にあたる10万年前頃と考えられています。

スミロドンの体長は2メートル、高さも1メートルくらいあるので、実際目の前に現れたら大きいと思います。
主に北アメリカに生息し、270万年前には南アメリカ大陸にも進出しているようです。


サーベルタイガーはなぜ絶滅したのか


近年の絶滅理由に、人間による乱獲があげられますが、サーベルタイガーが絶滅したとされる10万年前のアメリカ大陸には人類の痕跡がないそうです。

海を渡った人類がたまたまアメリカ大陸にいたとしても、そんなに怖い外見の獣を突然やってきた少数の人間で絶滅させるのも少々無理がありそうです。

では気候の変化で食料が減ったのでしょうか。サーベルタイガーは前足が丈夫で、捉えた獲物をしっかり押さえこみ離しません。

獲物の急所をしっかり噛んでとどめをさせる大きな牙に強い顎も持っています。この頃生息していた大きなマンモスも、サーベルタイガーの食料だったようです。(他の動物も食べていました)アメリカなので、コロンビアマンモスという種類を食べていたそうです。

マンモスは一万年前に絶滅したとされています。マンモスを食べているのにマンモスより早く絶滅していますので、気候の変化による食物連鎖の崩れもちょっと考えにくいかもしれません。
スポンサーリンク


先ほど、前足が強い、と描きましたが実は後ろ足はさほど強くはなかったようです。なので、単独で走って獲物を捕まえていたというより、近くまでそーっと近づいて一発勝負で狩りをしていたかもしれません。

ところがジャガーのようなスピードで勝負をかけられる動物が徐々に出現してきました。逃げても逃げても追いかけるジャガーのような動物には太刀打ちできず、その結果自分たちで獲物を捕らえることが難しくなってきた・・・とも考えられます。

サーベルタイガーは沼に足をとられて命を落とすこともあるくらい、後ろ足の脚力がなかったようです。絶滅の直接理由ではないかもしれませんが、一因かもしれませんね。

他にも、いろいろな説があるのかもしれません。病気がはやったのかもしれませんし、沼が増えて足をとられるサーベルタイガーが続出したのかもしれません。たまたま来た人間が乱獲していないとも言い切れませんし、こういったことが複合的に起きたのかもしれません。

まだまだはっきり解明されていないのが本当のところです。誰も見たことのない世界なので、研究者の方たちが日々いろいろな化石や地層の状況を研究していらっしゃいます。

今でも絶滅に近づいている動物たちがいます。強いからいつまでも繁栄できるわけではないことをサーベルタイガーから学び取らないと、いつか「人間の絶滅理由」を他の動物が研究する時代になってしまうかもしれません。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ