真ん中バースデーの計算の仕方!記念日を増やそう!

スポンサーリンク

ec449542a0263b8fcdffb27bf0cc2366_s
恋人同士や夫婦の間で、記念日やお祝いの日っていくつありますか?

まず、お互いの誕生日。結婚したら結婚記念日。よくドラマなどで「初めて出会った記念日」とか「お付き合いを始めた記念日」といろいろな記念日を出してくる女性が描かれていたりしますが、皆さんは夫婦間、恋人間の記念日をどのくらいお祝いしていますか?

私などはもはや結婚記念日すらも特にお祝いもしていませんが、お互いの誕生日は忘れずにケーキなどを買ってお祝いします。

記念日が大好き、イベントが大好きって人、「真ん中バースデー」やっていますか?

「真ん中バースデー」・・・って、いつなの?


「真ん中バースデー」とは、二人の誕生日の真ん中の日。簡単に言えば誕生日が「3月5日」の人と「3月9日」の人の真ん中バースデーは「3月7日」ってことです。

恋人同士がこんなに近い誕生日になるのもレアケースだと思います。おそらくは3月と8月というように、お互いの誕生日が少し離れているという人が多いと思います。

片方の誕生日が終わって、次に相手のお祝いするまでかなりの月日が経過する・・・という人、それまでに一度、二人の誕生日の間の日をお祝いできるなんてまた楽しみが増えますね。

真ん中バースデーはいつなのか計算する


さぁ、その真ん中バースデーをお祝いするには、何月何日が真ん中バースデーなのか調べなければいけません。一つ一つ指折って数えられるくらい誕生日が近いなら話は別ですが、めんどうくさいことは避けたい。

計算方法とかはないのかしら・・・と思って調べると、やはり世の中便利なもので、真ん中バースデーを計算してくれるアプリがありました。

「株式会社ハレノヒ」さんのホームページでもお試しで(一日一回)計算を瞬時に出してくれますし、もっと調べたい方はアプリをダウンロードすればいろんな人との真ん中バースデーを割り出してくれます。

http://www.mannaka-birthday.com/

これは簡単ですね!

スポンサーリンク


自力で計算したい人の計算方法


簡単に説明します。まず、誕生日が年の初めである1月1日から何日目かを数えます。
お誕生日が3月1日と3月5日の人で計算します、

まず3月1日はお正月から数えると60日目。(1月の31日+2月の28日+3月の1日)5日の人は64日目。(1月の31日+2月の28日+3月の5日)

この数字を足します。

60+64=124
出た答えを2で割ります。
124÷2=62
この62は、お正月から計算してくると
62-31(1月)=31
31-28(2月)=3
次は3月なので、その3月と上の計算の答え3日合わせて3月3日が真ん中バースデーになります。

しかし!割り算を入れた時点で割り切れず小数点がついちゃう!というペアはどうしてもでてきます。そしたら真ん中はないじゃない!と思った方。安心してください、ありますよ!

お誕生日が1月1日に近いほうの誕生日の人に365を足すのだそうです。
例として3月1日と3月6日のペアで計算します。

3月1日の人はお正月から60日目なので、60+365=425になります。
次に相手側がお正月から65日目なので先ほどの答え425に65を足します。
425+65=490
これを2で割る。
490÷2=245
この245日目が真ん中バースデーです。

簡単に説明しますと、この場合の真中バースデーは3月5日から翌年3月1日までの真ん中なのです。

245日はお正月から計算していきます。
245-31(1月の日数)=214
214-28(2月の日数)=186
186-31(3月の日数)=155
155-30(4月の日数)=125
125-31(5月の日数)=94
94-30(6月の日数)=64
64-31(7月の日数)=33
33-31(8月の日数)=2
・・・次は9月なので、残りの2日をもってきて9月2日が真ん中バースデーです。
このタイプの人たちが9月で真ん中バースデーをやるかどうかは本人たちの話になってきますが、逆に9月ごろに祝い事がなければここで一つイベントを設けるのも楽しそうです。

上の理論でいきますと、1日違いの誕生日ペアの真中バースデーは、二人のお誕生日の約半年後くらいですね。

私はつい「3月1日に二人分祝えばいい」などと味気のない考えをしてしまうのですが、特に恋人同士は一回でも多くデートのしたいもの。友達同士も集まりたいもの。
さぁ、真ん中バースデーを知って、恋人や親友と盛り上がりましょう!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ