猫の発情期に綿棒が効果あり!?意外な使い道とは?

スポンサーリンク

07c522a7386895671e2314017fffba04_s

猫ちゃんと暮らした事がある方は猫ちゃんの発情期のあの独特の“アーオ!ナーオ!!”という叫び声に近い鳴き声に悩まされた経験がある方が多いでしょう。

しかも彼らは狙ったかのようにみんなが寝静まる深夜にこの叫び声で安眠妨害攻撃を仕掛けてくる策士です。(筆者もよく悩まされました・・・)

去勢や避妊をすれば収まるのですが飼い主様によっては猫ちゃんの体にメスを入れる負担をできるだけ避けたいと思う方もいるでしょう。

そんな方に朗報です!どこのご家庭にも大体置いてある綿棒で猫の発情期対策が可能なのです。

発情期に関してのあれこれや、綿棒の利用方法と効果のメカニズムなどについてご紹介します。


🐈発情期になる時期は?


猫の妊娠期間は2ヶ月程で一般的には春から秋にかけての餌が豊富で子育てをしやすい時期に合わせて発情期が来ると言われています。

交尾のできる年齢まで性的に成熟するのが雌は生後5ヶ月から12カ月前後、雄は生後9カ月から11カ月前後頃で雌は年に4回程発情期をむかえます。

雄は発情した雌の鳴き声や匂い(フェロモン)に反応して発情期をむかえます。

🐈発情期はどの位続くの?


猫の発情期間は生活環境などで個体差がありますが約1週間~2週間程とされています。

尚、雌猫の発情周期は発情前期、発情期、発情後期の3段階に分けられます。

【発情周期】

・発情前期
1日かそれより短く、発情期の行動は見られるがこの時期は雄を拒絶する。

・発情期
期間は6~7日程で発情前期の行動が更に目立ち、雄を受け入れる姿勢がみられる。

・発情後期
卵胞が後退して発情後期となり、発情期の行動がみられなくなる。

スポンサーリンク



🐈発情期の特徴は?


飼い主にとって猫ちゃんは子供のような存在です。

まさかそんなにすぐ発情期が来ると思わない(思いたくない)ものですが上記でご紹介した通り、生後5ヶ月程(早い場合は3カ月位)で発情期が来てしまいます。

そう、発情期は待ってくれないのです・・・。

続いては発情期の特徴的な行動をご紹介しましょう。

<雌猫さん>
・甲高い声で鳴く
・上半身を下げお尻を上げて匍匐前進(ほふくぜんしん)のような謎の動き
・いつもより甘えてくる
・外陰部をなめる
・体を擦りつけてくる
・食欲が無くなる
・排尿回数が増える

<雄猫さん>
・大声で鳴く
・腰を高く上げ尿をシュッとかけるスプレー行為をする
・外に出たがる。
・攻撃的になり、噛みついてくる
・落ち着きがない

雌猫さんの発情期の動画がありましたので参考までに・・・



🐈なぜ猫の発情期に綿棒が効果的なのか?


猫は交尾排卵動物の為、交尾をした刺激で排卵が起こります。

排卵が起こることによって発情期は終わるので綿棒の刺激で排卵を促し

一時的に発情期をやり過ごす事が可能です。(成功すれば約40日間発情期を回避する事が可能とされています。)

🐈どのようにして行うのか?


清潔な綿棒の先端を濡らして(水もしくはベビーオイルなど)膣内に1㎝~2㎝程挿入し回転させます。

あまり手荒にやると膣内を傷つけてしまう可能性もありますので猫ちゃんの様子を見ながら無理なくゆっくり行いましょう。

心配な場合は動物病院での受診の際などに獣医師の指導の下、練習することをお勧めします。


発情期は鳴き声やスプレーなどの問題行動も多く、悩みの種ですが交尾ができない状況下であれば猫ちゃん自身にも大変なストレスとなります。

また、避妊をしていない雌猫ちゃんは将来的に乳腺腫瘍や子宮蓄膿症になるリスクが大変高くなると言われています。

避妊や去勢は身体的な負担になるかもしれませんが、長い目でみると交尾できないストレスがずっと続くよりはお早目に避妊や去勢手術をしてあげてストレスから解放してあげる事も猫ちゃんの為になるのかもしれませんね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ