ハクビシンと伝説の妖怪「雷獣」について

スポンサーリンク


雷獣って知っていますか?

人魚や河童ほど有名ではありませんが落雷とともに現れる日本の妖怪で、日本各地で伝説が残っています。
この雷獣の正体は、実は妖怪ではなくハクビシンではないかとも言われていますが、その実態はどうなのでしょうか。

雷獣とは?

最初に雷獣について説明をします。
雷獣は民俗資料や随筆にも名前が多く残されている日本の妖怪で、東日本を中心に落雷とともに現れるという伝説が残されています。

空の上がまだ未知の世界だった昔に、落雷などで空の上から地上に落下してくると考えられていました。
その姿はイヌやたぬきに似ていて体の長さが約60cm前後で、鋭い爪を持っています。

「平家物語」では源頼政が撃退した妖怪は雷獣だったと言われています。
各地で目撃された様子が古い書物に残されています。
天保時代の「駿国雑誌」では現在の静岡県に住んでいた雷獣はイタチや猫にいた姿だったとされています。

また江戸時代の「和訓栞」では現在の長野県の雷獣は体毛が灰色で頭が長く、キツネより太い尾と鷲のように鋭い爪を持っていたと言います。

江戸時代には下剤の栃木県でも住んでいたと随筆に記されており、夏の時期に山のあちこちに自然にあいた穴から雷獣が首を出して空を眺めており、雷獣が雲に飛び移ると必ず雷がなっていたそうです。
現在の新潟県では武家に落雷とともに落ちてきて捕獲したと書物に書き残されています。

明治時代以降にも雷獣を目撃したと言う話があり、昭和2年には神奈川県伊勢原市では落雷の度に奇妙な動きをするアライグマに似た動物が目撃され、それが雷獣ではないかと言われていました。

雷獣は強い毒を持ち、捕まえようとした人がその毒により死んでしまったという話も残されています。

スポンサーリンク



なぜハクビシンが雷獣の正体と言われているのか

このように各地で目撃されている雷獣ですが、その正体はハクビシンだと言われています。
残されている数々の雷獣に関する書物から、雷獣の大きさや色・木を引っ掻いたり登ったりするなどの行動面の特徴を当てはめると、ハクビシンと共通している事や、見世物にされていた雷獣の特徴も、ハクビシンとよく似ています。

それらの情報をもとに、雷獣の正体はハクビシンではないかと言われています。
他にも雷獣の正体はテンではないかと言う説もありますが、街中で暮らす動物ではなく森林にすむので可能性は低いそうです。

ハクビシンってどんな動物?

日本各地に目撃証言を残す妖怪の雷獣は、その正体がハクビシンではないかという説が有力視されています。ではそのハクビシンとはどのような動物なのか、説明します。

ハクビシンは額から鼻にかけて白い線があるのが特徴の、見た目が猫やたぬきのような動物です。
分類は食肉目ジャコウネコ科ハクビシン属で、この種類のみでハクビシン属を構成します。中国大陸南部や東南アジア、台湾・日本などで生息していて、日本では東日本や四国などに生息しています。

体の長さは60cm前後で体重は5kg前後、体は長く柔らかい体毛で覆われています。
体の色は灰褐色、足や尾は黒色です。

木登りが得意で、日本でも電線を歩く姿が目撃されています。夜行性で、昼間は住処に隠れており、民家の屋根裏などに住み着いています。食性は雑食で、果物や昆虫小動物や鳥などを食べます。敵に襲われると肛門から臭いのする液体を出して威嚇します。

たぬきに似た顔をしていますが、害獣に指定されている危険な動物で都心にも多数生息していると言われています。
天井裏などに入り巣にしてしまうと、断熱材をボロボロにし夜になると走り回る音に悩まされ、糞尿の被害も大きな問題です。

自宅に住み着いているのを発見しても、自分たちで捕獲しようとすると動物愛護法に反するため、捕獲は指定業者に依頼しなくてはいけません。


YouTube ハクビシンが10匹以上現る!捕獲!!


YouTube ハクビシンのこどもたち.wmv


YouTube ハクビシンの威嚇(唸り声)

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ