チワワとメキシコの深い関係

スポンサーリンク

301d50c24b5e1073f438a524ff32ae4a_s

皆さんは、犬は好きですか?
大好きな人苦手な人、それぞれだとは思いますが、犬が好きだという方でも「小型犬がいい」「大型犬がいい」と意見が分かれることもありますよね。

犬が大好きでも大型犬は圧倒されてしまうので小型犬がいいという方、単純に気に入っている犬種があるという方もいらっしゃるでしょう。
小型犬に、皆さんおなじみの「チワワ」という犬がいます。
チワワって、実はメキシコ原産の犬。今回はチワワとメキシコの深い関係のお話です。


チワワ発祥の地メキシコ


メキシコに「チワワ州」というところがあるので、犬のチワワと何か関係があるのかな?

と思っていた方もいらっしゃると思います。チワワはメキシコ原産の犬です。

メキシコに「チワワ」という地域があり、その地域の名前をとって名付けられました。

そもそもの「チワワ」という名前の由来ははっきりしていないそうですが、ナワトル語というメキシコなどの一部の部族で使われている言葉で「乾燥した砂の場所」という言葉がもとになっているのではないかと言われています。

チワワは「世界的に公認された犬の中でも最も小さな犬種」なのだそうです。

チワワは歴史ある犬


チワワの祖先は「テチチ」という南米原産の犬だそうで、北アメリカにおいては最も古い犬といわれています。
テチチは実は食用として飼われていた過去があり、食用として飼育されていたために、結果として食べつくされた・・・ということで絶滅した、と言われています。

チワワは、1850年にアメリカ人がメキシコのチワワに生存していたテチチを連れて帰国し、そのテチチを元に作り出された、テチチよりも小型になった犬として残されるようになったものです。

なぜテチチのままで残さなかったのかというと、生き残りのテチチの頭数が少なく、このままだと近親交配を繰り返さなければいけなくなったため、その近親交配による危険を減らすために、テチチとしての純血を残す道を断念したからだといわれています。

テチチはアステカ文明の時代から飼われていたようで、チワワはその古くからの血を今に残す犬なのです。

スポンサーリンク



テチチはもともとどんな犬?

テチチはもともと野生で地中の穴を住処にしていたようです。
大きさは小さな犬ではありましたが、今のチワワよりは少し大きめだったといいます。
トルテック族という部族により家畜化されるようになったそうで、コロンブスがスペイン国王に「吠えない小さな犬を発見した」と現キューバあたりの報告をしたそうですが、この犬がテチチなのではないかと考えられているようです。

チワワは割と吠えるイメージがありますけれど・・・。

テチチは宗教にも深く関係があったとされています。
人と一緒に埋葬されたテチチの骨も見つかっているようですし、また毛の色でも役割というか価値観的なものが違っていたようです。

宗教的にはとても重要な犬でしたので、ある程度の保護はされていたようですが、先にも書いた通り「食用」だったという話もありますので、徐々に頭数が減ってしまったものと思われます。

今、チワワはとても人気があり、祖先の犬たちが意外にも過酷な運命であったということはちょっと想像がつかないと思います。
その運命があったからこそ、テチチはチワワに姿を変え、今たくさんの人々に愛されています。
もちろん、原種であるテチチが残っていることも大切だったのかもしれませんが、残ることができなかった運命の中で、姿や名前が変わっても脈々と血をつないでいることもまた奇跡なのかもしれません。

地球上には絶滅してしまい、血を受け継げなかった動物たちがたくさんいます。
私はこの人間が行ったテチチをチワワに「改良」したことがよいものであるかどうかはよくわかりません。
ですが結果として今、多くの人々に愛されるようになったチワワを喜んであげたいな、と思う気持ちが強いです。

チワワは、毛の長めなもの、短めなもの、色も様々です。
人々に愛されるルックスである反面、人の愛情を必要とする犬です。
今チワワを飼っていらっしゃる方は是非、たくさんたくさんかわいがってあげてくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ