コバエ取りを自作する方法!超簡単です。

スポンサーリンク

2bdd4851bab2d57f3eaa5a051e453f3c_s
コバエは、とても小さいため普段はキッチンなどで飛んでいても気付かないと言う事もあります。しかし、放っておくと大量発生という事態を招く事になります。今回は自作のコバエを取る装置の自作方法を提案します。

コバエ取りを自作でつくることはできる?


まず、コバエ取りを自作する事が出来るかどうかと言う事ですが、答えは簡単に自作する事ができます。YouTubeにめんつゆを使ったコバエ取り動画がアップロードされていたので参照してみてください。


めんつゆを使用したコバエの取り方でコバエが撃退できない場合いくつかの方法がありますので、紹介していきます。まずはお酢を使った退治の仕方です。リンゴ酢を使用した対処の仕方です。

リンゴ酢を1.5カップ用意してそこに洗濯用洗剤2.3滴垂らします。
それを24時間置いておきます。リンゴ酢は甘い香りがするために、コバエが吸い寄せられて数十匹が吸い寄せられていました。

ポン酢、バルサミコ酢などのお酢系やワイン、みりん、ビール等のアルコール系を使用したコバエを取る方法もあります。いずれにしても一時的にはコバエを撃退できますが、原因を突き止めて退治する必要があります。

ではコバエはどこからわいてくるのでしょうか?そもそもの原因を考えて行きましょう。


まず、台所で見かけるコバエの種類はシュジョウバエ、ノミバエ、チョウバエの3種類でアルコールや果物、野菜、等が大好きで生ゴミに卵を産み付ける事でそれが羽化しコバエとなります。

特に台所で見かけられるコバエの種類でスタンダードなのは、ショウジョウバエで美食家として知られています。ローストビーフや野菜スープなどの人間が美味しいと感じるものが好きなので食べ残し等を台所に放置しているとコバエにとってはえさを貰ったと認識して喜んで寄ってきてしまいます。
スポンサーリンク


また、ペットを飼っている場合は、特に注意が必要です。何故なら動物の糞からショウジョウバエが生れるケースもありますので、糞の始末も徹底的に行なうように心がけましょう。

また、チョウバエは排水溝やへ泥の臭いが好きで発生源とされています。洗剤などを使用して排水溝も掃除するように、心がけましょう。また別の方法として排水溝に熱湯を流せばチョウバエを一網打尽に殺す事も出来ます。

しかしやり過ぎると、排水管の種類によっては熱で変形してしまうケースがあるので、その場合は氷を大量に置くなど、事前に配水管の種類を確認して下さい。

この対策によりコバエの数を減らす事が出来ます。

この他アイテム別に対策を提案していきます。


調味料は、開閉できる容器に入れて使い終ったらふたを閉めて速やかに冷蔵庫にしまう事、
果物や野菜については、夏場は傷んでいるようなら廃棄し、まだ食べられるものは野菜室や
冷蔵庫にしまうようにしてコバエに好きな臭いを与えないように考えて下さい。

ゴミ箱は蓋付きを使用し、ゴミ箱の中身も綺麗に保つようにして下さい。この他空き缶や空き瓶についても飲み残しをしないようにして下さい。上記にも書きましたがアルコールはコバエの好物でもありますので素早く処理しましょう。

食事をした後洗い物もめんどくさいですが、食べた後にすぐ洗い片付ける習慣を付ければ
自ずとコバエも減っていきます。

まとめ


コバエと人間のイタチごっこのような気もします。人間が気を付けていれば、コバエの数を減らして綺麗なキッチンで過ごすことが出来ますし、少しでも手を抜くとコバエが発生してきますので気を付ける事も大切ですが、予防策も用意しておく必要があります。

あまりに大量発生した場合には駆除業者などに依頼する必要性もありますが、そうなる前に自分たちの力でコントロール出来るように、していきたいものです。食べ物や飲み物を家で食するときはその辺りを意識していきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ