カモメとウミネコに違いはあるのか?

スポンサーリンク


「かもめの玉子」という岩手県の有名なお菓子がありますが、岩手県の海岸に集まっている鳥が全部カモメなのだと思っていたら違いました。

東北の海を飛ぶ鳥はカモメもいればウミネコもいるそうです。姿が似ているので簡単に区別がつきませんが、この2種の鳥には大きな違いがありました。

今回はカモメとウミネコの違いを説明します。


カモメとウミネコってどう違うの?


カモメはチドリ目カモメ科カモメ属に分類される鳥です。
2af1bd3dd0965486a52ba6978b69da23_s
体の大きさは約40cmで、大きく左右の翼を広げると110cm以上にもなります。
幼鳥の時は全身が灰褐色の羽毛で被われ、翼の外側は淡褐色をしています。

成鳥になると頭の毛や体の下の部分は白い羽で被われて、背中や翼の上面は青灰色に変わります。

夏季に繁殖し、主な場所はユーラシア大陸北部やカナダ・アラスカで、冬にはアフリカ大陸北部やヨーロッパなどに南下して越冬します。

日本にも、数種類のカモメが越冬のために飛来します。
沿岸部や河口などに生息して、魚や動物の死骸などをエサにして生きています。

次にウミネコですが、これもカモメと同じくチドリ目カモメ科カモメ属に分類されます。
体の大きさは45cm以上で、左右の翼を開くと120cm以上の大きさになります。
幼鳥の時は全身が黒褐色の羽毛で被われて翼の上面は淡褐色ですが、成鳥になると頭や体の底面は白く上面は黒褐色のままで、翼上面も黒褐色に変わります。
ab90ec02b7c0cbe81fa4fde175c29d3d_s
ウミネコは中国・ロシア・日本などで生息し、越冬のために飛来している鳥ではありません。
日本で周年生息して、冬季に南下して繁殖します。
スポンサーリンク


青森県八戸市の蕪島をはじめ、出雲市・陸前高田市・女川町・酒田市の繁殖地は、国の天然記念物に指定されています。
そして東北の三陸海岸は、ウミネコの繁殖地として有名です。食性はカモメと同じく雑食で、魚や昆虫・動物の死骸を食べます。

カモメとウミネコの特徴を紹介しましたが、海にいつもいると思っていたカモメは冬季に越冬のために飛来している鳥でした。
一方のウミネコは、日本で生まれて日本で生息しています。

体の大きさはウミネコの方が大きめで、羽毛の色も違います。
そして色や模様の違いよりも分かりやすいのが、鳴き方での区別です。
ウミネコは名前の由来の通り、猫のように「ミャーミャー」と高い声で鳴きます。
しかしカモメは「クワァークワァー」と言うような鳴き方をします。

この違いがわかると港に行った時に近くを飛んでいる鳥がカモメなのかウミネコなのか、すぐに区別がつきます。

因みに、日本各地で普通に見られるカモメは8種類だそうです。
そのカモメ属の鳥はカモメとウミネコの他に、ユリカモメ・セグロカモメ・オオセグロカモメ・シロカモメ・ワシカモメ・ミツユビカモメがいます。

それぞれの鳥が大きさと色が違うので特徴を覚えると、冬の港や川で複数のカモメが見つけられるかもしれません。


さいごに

いかがでしたでしょうか?
ウミネコとカモメにこのような違いがある事を知っていましたか?

カモメは1年中日本にいるのではなく、冬に越冬のためにアラスカなどから飛来してきているのです。
あの体の大きさでこれほどの長距離を飛んでくるとは知りませんでした。

港に来ているカモメたちは集団で一緒にフェンスなどにとまっていますが、実は出身地はそれぞれカナダやユーラシア大陸など別々なのかもしれません。

そして東京湾などで見る事が出来るウミネコも、日本のどの地域で繁殖したウミネコなのか実際は正確にわからないそうです。
一緒に飛んでいるウミネコたちも関東出身だったり東北出身だったりと、別々の土地で生まれた鳥かもしれません。

YouTube カモメの餌付


YouTube ウミネコの鳴き声 (2013.03)


YouTube カモメとウミネコ

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ