うさぎのスナッフル、初期症状を見逃すな!

スポンサーリンク

うさぎを飼っている方、詳しい方はご存知かと思いますが、「スナッフル」という症状があります。
何かというと、鼻水やくしゃみ、涙などが出てくる症状の総称で、人間でいえば「風邪」のような症状。
うさぎにも「気管支炎」「副鼻腔炎」などがあるらしく、こういった症状を細菌感染で発症させてしまいます。

スナッフルの症状を見つけたら、まずどうしたらいいのか、人間にはうつるのか、気になるところです。スナッフルの原因とどのように対処したらいいのかを調べてみました。

スナッフルの原因

スナッフルはいろいろな細菌が原因で発症しますが、うさぎがそれらの菌を持っているからすぐ発症するとは限らないと言われています。

菌を持っていて、季節の変わり目や環境などでストレスを受けたとき発症することが多いようですね。
発症原因で一番多いと言われているのが「パスツレラ菌」なのだそうですが、この菌はうさぎ同士で感染してしまうため、複数飼っているという方はしばらく発症した子と隔離したほうがよさそうです。

人間は発症しているうさぎに触れてもかまいませんが、他のうさぎにうつること、またまだ動物病院などで原因菌の特定をしていない場合は人にも害のあるものかもしれませんので、噛まれたりしないように気を付けてください。

原因となる菌はパスツレラ菌以外にも黄色ブドウ球菌や気管支敗血症菌などいろいろあります。
発症したうさぎのお世話が終わったら必ず消毒などをしてください。
飼い主も体調に気を付け、おかしいと思ったらすぐ医師に相談しましょう。

スナッフルの初期症状


上記にも書きましたが、くしゃみ、鼻水、涙や目やになどの症状を総称したものをスナッフルと言います。
ただ、うさぎも人と同じく鼻がムズムズすることもあれば異物が目に入って涙を流すこともあります。

なので、「くしゃみをしたから」「涙が出たから」細菌感染だ!ということではありません。
高齢のうさぎはくしゃみが多くなるようですし、初期での見極めは難しいかと思います。
しかし、くしゃみが続く、鼻水や目やにが多く感じるようであれば念のため獣医に診てもらった方が安心です。

スポンサーリンク



症状が進んでいくと…


症状が進んでいくと、呼吸音が苦しそうになるといいます。
ズーズーというような呼吸音で「スナッフリングノイズ」といいます。

他にも鼻水が垂れるようなサラサラしたものからネバネバしたものに変わっていき、膿のようなものへと変化していきます。
このような状態になる前、遅くともこのような症状に気が付いたらすぐ獣医に診てもらいましょう。
このままにしておくと肺炎になることが多いようで、命にかかわってきます。

どうも様子がおかしいと感じたらすぐ相談できる動物病院を前もって探しておくのも飼い主さんのお仕事ですね。
スナッフルは再発の可能性が高いそうですが、初期であれば完治する可能性はあるといいます。やはり早期発見がとても大事なのです。


スナッフルの治療


動物病院で診てもらうと、おそらく抗生物質や点眼薬を処方されると思います。
ただ、きちんと治すためには薬を勝手に止めたりしてはいけません。完全に症状がおさまるように獣医も考えて薬を処方していますので、獣医が指定した期間は必ず続けてください。


スナッフルを発症させないために

スナッフルの原因菌は目に見えません。発症していなくても保菌している場合があります。
スナッフル発症の原因はストレスが大きく関わっているといいます。
ですので、うさぎに大きなストレスを与えないように気を付けるのが一番の予防法だと思います。

室温は18℃~24℃、湿度は50%以下を目安に管理してあげましょう。
熱中症の予防にもなります。

スキンシップもしすぎるとうさぎにはストレス。うさぎが嫌がったら無理に構うことはしないほうがよさそうです。さみしそうにしていたら一緒に遊んであげましょう。

飼っている方はなんとなく今構って欲しいのか欲しくないのかわかるのかもしれませんね。うさぎが嫌がることはしないように。

引っ越しや季節の変わり目など不可抗力でうさぎにストレスが溜まっていると感じたら、うさぎがそのストレスを発散できるように少し広めなところで散歩させたり遊ばせてあげるのもいいですね。うさぎも気分転換は大事です。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ