ウンナ母斑ができる原因って何?

スポンサーリンク

639706c1ba6fe0bbf040609011f25f11_s
赤ちゃんが生れたときに、出来る赤いあざこれをウンナ母斑というらしいのですが、何故出来るのか等解らないという事らしいので今回は色々な角度から掘り下げ書いて行きます。
これを読んでいただき何かの参考にしていただければ幸いです。

ウンナ母斑とは?


ウンナ母斑は、生まれてすぐの赤ちゃんの後頭部からうなじに書けて出来る赤いあざのことをウンナ母斑と言います。境界が不鮮明で平らな状態にある事が特徴です。またまぶたの上や額に現れるサーモンパッチと呼ばれる物があります。

これは、ウンナ母斑と区別され新生児の20パーセントから30パーセントにウンナ母斑か、サーモンパッチのどちらかが現れるようです。因みにウンナ母斑にはストークマークという別名もあり、コウノトリが咥えて運んできたという幸運の印と考えられています。

またこの言い伝えは、妊娠中のお母さんを安心させるための言い伝えであると言われています。赤ちゃんにあざがあると、妊娠中にお母さんが火事を見たからだという話もあります。

しかしそれを言ってしまうとお母さんがショックを受けるため言い換えているという説もある程です。

またウンナ母斑は、世界中で可愛い言われ方をしているようです。ヨーロッパでは天使のキスマークと呼ばれており、まだまだ調べて見れば沢山の言い方があるのかもしれません。いずれにしても幼少期でウンナ母斑が消えるのでそういう言い方も良いかもしれませんね。

ウンナ母斑の原因とは?

スポンサーリンク


ウンナ母斑の原因は、血管の色が浮き出た物で毛細血管が過剰に拡張したり、異常増殖する事で発症します。母親の胎内にいるとき何らかの原因で血管が作られる過程に異常が起きた物と考えられています。

しかしながら、どうしてこの様な事態が起こるのなどの事ははっきりしていません。基本的には痛みも痒みもなく一歳半~3歳を過ぎる頃には自然に消えることが殆どです。しかしその期間を過ぎても消えない場合は成人になっても残ってしまうかもしれませんので治療を考えた方が良いでしょう。

治療法についてはレーザー治療を行なうのが一般的で、Vレーザーという物を使って治療します。このレーザーには赤い色素を吸収する性質を持っており、あざの赤い部分の元であるヘモグロビンを吸収する事で他の肌の組織に傷を付けずにあざを消すことが出来ます。

これはうなじにある運も母斑についても有効ですが、毛根が近くレーザーが当たることによって焼いてしまうケースも考えられます。そのためうなじ近くにウンナ母斑があるようなら治療方針を専門医と相談してください。

まとめ


赤ちゃんが最初に生れたときは、誰もが母親初心者なので、少しでも他人の赤ちゃんや育児書と比べて可笑しいと思うところがあると、少しでもその原因を無くしてあげようとして母親も父親も孤軍奮闘します。

しかしながら成長の過程は人により違いますので、そんなに焦らなくてもやがては今まで出来なかった事が出来るようになる等の成長が見られそれがやがて喜びに変わると思います。

そのため、ウンナ母斑についてもある程度年齢を重ねれば消えるという事なのでさほど心配をしなくても勝手に消える可能性があります。また、ごく限られた胎児に出来る物では無くて20パーセントから30パーセントの割合で現れるといいます。

調べて見て解ったのですが意外と何らかの母斑が現れるケースが多い事に驚かされます。
母斑というと代表的な物が赤ちゃんのお尻に出来る蒙古斑です。これはお尻に出来る紫色の痣です。

これも年を取る度に消えていきますし、蒙古斑がある赤ちゃんは逆に可愛いと言われるケースもあります。いずれにしてもいつまでも消えない場合はコンプレックスを抱えてしまうので解決してあげた方が良さそうです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ