鳥取砂丘らっきょうの魅力とは?

スポンサーリンク

21cd7e32c19a91fcc72c19d207cfa71e_s

鳥取で有名なものと言えば、鳥取砂丘。そこで採れたらっきょうは「鳥取砂丘らっきょう」と名付けられ、

最近では「月曜から夜更かし」や「満天☆青空レストラン」などのテレビ番組でも取り上げられるほど、今や鳥取を代表するブランド農産物となっています。

わざわざテレビにまで紹介される鳥取砂丘らっきょうとは、一体、どんならっきょうなのでしょうか。

また、普通のらっきょうと何が違うのか、気になる人のために、今回は鳥取砂丘らっきょうについて調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

鳥取砂丘らっきょうの歴史


鳥取砂丘らっきょうは、遡ること大正3年、石川県かららっきょうの種球を持ち帰り、鳥取砂丘に隣接する福部町で栽培を開始したのが始まりと言われています。

らっきょうは生命力が旺盛なため、砂丘地でも育つということから、もとは少数の農家で自家用として栽培されていました。

現在では、福部町だけでなく、北栄町などにも栽培が拡大し、収穫時期には洗いらっきょう、根付きらっきょうとして全国に販売されるほか、

甘酢漬けなどの加工らっきょうが年間を通じて販売され、鳥取県を代表する特産品の一つとなっています。

ちなみに昨年は、鳥取砂丘らっきょうがブランド化されてちょうど100周年だったそうです。

鳥取砂丘らっきょうの特徴は、歯ごたえの良さ


鳥取砂丘らっきょうは、冬の日本海から吹きつける厳しい風雪に耐え、ときには葉ごと雪で覆われることもある厳しい環境のなかで育つことで、身がしまりシャキシャキとした歯ごたえが生まれます。

普通のらっきょうと違い、この歯ごたえの良さが鳥取砂丘らっきょうの大きな特徴であり、普段らっきょうがあんまり好きじゃない人でも、

鳥取砂丘らっきょうだけは「ここのらっきょうは旨い!」と、味の違いを絶賛する人も多いそうです。

ぜひ味わってみたいものですよね。




健康にも良い


鳥取砂丘らっきょうは、美味しいだけでなく、普通のらっきょうと同様にビタミンB1を活性化するアリシンを含むので、血液をサラサラにする効果があります。

美味しいだけでなく、健康にも良いだなんて、嬉しいですよね。

健康のためにも、グルメとして楽しむためにも、ぜひ一度、鳥取砂丘らっきょうをお取り寄せされて、味わってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ