風呂上がりに体がかゆいのは何故?

スポンサーリンク

4ce7cafd21b4a7dad8996fecb4874bea_s
何故、風呂上がりはかゆくなるのでしょうか?普段はあまり気になりませんが、気になり出すと、かゆみはどうにもならない物です。今回は風呂上りのかゆみについて書いて行きます。

風呂上がりに体がかゆくなる原因は?


風呂上がりにかゆくなる原因は、知らず知らずのうちに、肌が乾燥して弱ってしまっている状態です。本来であれば十分に水分を保つことが出来るはずですが、なにかの原因で刺激に弱い状態となっているためかゆみを感じてしまいます。

今までの生活習慣を見直して、スキンケアなど新しい方法を考え出す必要があります。肌の健康を保つには、基本的には保湿となります。さて、ここからはどの様な生活をすれば良いかを書いて行きます。

まずは、清潔に体を保つために必要不可欠なお風呂ですが、入浴方法を見直して見ましょう。もう一つの原因については病気やアレルギー反応が原因となっているケースがあります。人間の体はいろいろな物に反応してしまい、アレルギーや病気として表面化してしまう可能性があります。

お風呂を上がってからかゆくなる場合には、使用している石鹸や風呂上がりに着る衣服がかゆみを誘発している可能性があります。アレルギーではないかと疑いを持った場合は皮膚科で医師に相談してみましょう。

この他温まることによって、発症してしまう熱によるじんましんや日頃の生活による
ストレスが絡んでいるケースもあります。軽傷のうちに手を打つようにしましょう。
スポンサーリンク


どう対処すべき?


ではどの様に対策を取れば良いのでしょうか?思いつく限り書いて行きます。風呂上がりに頭がかゆくなっている場合は、逆に血行が悪くなっていることが考えられます。お風呂上がりなのだから血行が良くなっていると考えがちです。

しかし実際は逆のことが起きています。頭全体ではなく頭皮の部分が乾燥してかゆみを誘発しているため、頭がかゆくなってしまうのです。乾燥肌は見えている部分だけがかゆくなるのかと考えますが、しかし実際は毛に覆われている部分でも乾燥があり結果的にかゆくなる訳です。

敏感肌やアトピーの場合は、肌が丈夫な人に比べて少しの刺激でも負けてしまうことがありますそのため、かゆみが気になる場合には色々と調整する必要性があります。湯船やシャワーの温度を高温にする事はしないようにしましょう。

体はあまり強めに擦ることは止めて、やわらかく優しく擦るようにしましょう。また、使うシャンプーや石鹸も無添加の物を使用し、出来るだけかゆみが起こるような物を自分から遠ざけましょう。

アトピー体質の場合はすぐに完治させることは難しいので、時間を掛けてアトピー体質を改善させていくようにする必要がありそうです。最近では流行っているデトックスなどを行ない体の外に原因物質を排出するようにしましょう。

またこの他では、水素水を飲むことで体内にある活性酸素を取り除くようにする事でかゆみの原因を無くすことが出来るようです。

まとめ


お風呂上がりは、季節によってかゆくなることだけは確かです。かゆくなる場所は人により区々でしょうが、個人的には太ももがかゆくなったりすることがあり、そこを放置すると赤いぶつぶつが出来て痒みを感じるときがあります。

その様になったときは、個人的に軽く洗うようにして痒みがなくなるように洗うようにしています。個人的は痒みのメカニズムがイマイチ解りませんでした。しかし今回この記事を書くに当り考えると痒みのメカニズムがなんとなく理解出来たような気がします。

お風呂上がりに痒みが気になった場合には、自分の肌が今弱っていると考えていた方が良さそうです。そしてお風呂にどの様にして入った方が良いかなど色々と見直して痒みが起こらないような生活をしていく必要性がありそうです。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ