雨漏りの保険があるって、本当!?

スポンサーリンク

46270940ff99b956dd016dd0149c219c_s

火災や地震に保険があるように、雨漏りにも効く保険があるのをご存知でしょうか?

もしも雨漏りの修理代が保険でまかなえるのなら、万が一雨漏りになったとしても、安心して業者に依頼することができますよね。

今回は知らなきゃ損する、雨漏りに効く保険について、詳しくご紹介いたします。

雨漏りの保険は2種類ある


雨漏りに対応している保険は、家の築年数に応じて2種類あります。

ひとつは築年数10年未満の住宅に対して、直接的に雨漏りを補償している住宅瑕疵担保責任保険(供託)。

もうひとつは、築年数10年以上簿の住宅に対して、間接的に雨漏りを補償してくれる火災保険です。

次はそれぞれの保険の内容についてご説明しましょう。

住宅瑕疵担保責任保険 (供託)とは(新築~10年未満)


新築から10年未満の住宅に、雨漏りがあった場合に、雨漏り修理を行った業者に保険金が支払われる保険です。

この保険によって無料で雨漏りの修理ができます。

住宅瑕疵担保責任保険は、別名「新築住宅の保険」とも呼ばれ、この「新築住宅の保険」に加入されていない、または、その業者が倒産している場合でも、供託という制度が義務化されているので、実質無料で雨漏り修理ができます。

また保険料の支払いも業者が行ないますので、家主の負担はありません。こんな手厚い保険があるとは驚きですよね。

火災保険とは(10年以上~)


それに対し、築年数10年以上簿の住宅を対象にしている火災保険は、もともと火災のみを対象にしていた保険ですが、現在では「風災・雪災・ヒョウ災」も補償対象になっており、

「風災・雪災・ヒョウ災」が原因で引き起こした雨漏りも、間接的に補償してくれるようになっています。

火災保険に入っているのであれば、保険で雨漏り修理できるので、追加で保険料を支払うことは一切ありません。

ただし気をつけなければいけないのは、どんな雨漏りでも火災保険が適用されるのではなく、あくまで雨漏りの原因が「風による場合に限定される」という点を覚えておきましょう。



雨漏りのために、火災保険に加入しよう


これで雨漏りに効く保険があることが、おわかりいただけたのではないでしょうか。

住宅は一生の付き合いです。

建てたあとも、ずっと一生を通じて、ご自分の大切なマイホームが雨漏りになった時に安心して修理ができるよう、ぜひ風災補償のある火災保険にきちんと加入しておきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ