金縛りは疲れが原因か?奥が深い金縛りの真実!

スポンサーリンク

1a3e6e48adee682e97f9e95ef887b336_s
夜ベッドに入って眠り始めた時に、急に体が動かなくなる「金縛り」を経験したことはありますか?

特に体が疲れているときに起きやすいと言われています。体を動かそうとして力を入れても、全身が全くびくともしません。
しかも誰か知らない人が体の上に覆いかぶさっているとか、横に立っていたなどと言う人もします。

この恐怖の「金縛り」について、睡眠学的に長年調査が進められてきました。この現象のメカニズムや原因をここで紹介します。

金縛りとは?

金縛りは頭が働き意識があるような時に、体が動かず身動きが取れない状態の事を言います。体を動かそうと力を入れても動かず、声も出ません。お化けが見えたという人もいる為、昔から心霊現象の一つと恐れられていました。

しかし、睡眠に関する専門家の長年の調査からこの現象は「睡眠麻痺」という睡眠障害の一つだとわかっているのです。
何らかが原因で睡眠パターンが狂った時に、この「睡眠麻痺」、いわゆる金縛りの現象が起こるのです。

正しい睡眠パターンとは?

睡眠はノンレム睡眠レム睡眠で構成されています。

①ノンレム睡眠:
脳を休めるための深い眠りをノンレム睡眠と言います。逆に体は起きているので筋肉には力が入っています。そして寝返りを打つのも、このノンレム睡眠の時です。
そしてこの時は夢は見ません。副交感神経が優位になり、食後の落ち着いたような穏やかな状態です。

②レム睡眠:
体を休めるための眠りで、脳は起きている状態です。この時に夢を見ます。閉じているまぶたの裏で、眼球がきょろきょろ動いているのもこの時です。自律神経が乱れやすく、心拍数も増えます。

通常の場合はノンレム睡眠から入って、レム睡眠に変わるという順番を眠っている間に繰り返しています。

金縛りの正体は?

金縛りは心霊現象と言われてきましたが、睡眠の専門家からは「睡眠麻痺」と呼ばれる睡眠障害なのです。そしてこの現象はレム睡眠中の特殊な状態の時に起きる生理現象です。

寝ようとしたときのまだ、意識がはっきりした状態の時に金縛りに合うと思われていますが、金縛りは睡眠中に起こります。睡眠中でも体が寝ていて脳は起きているレム睡眠中の現象なので、起きている時だと錯覚を起こすのです。

スポンサーリンク



金縛りは疲れが原因か?

金縛りの原因は睡眠のリズムの乱れにあります。この乱れを引き起こす原因には次のようなものがあります。

①疲れ:
体の疲れは睡眠リズムを崩します。疲れがたまりすぎると眠りが浅くなります。通常はノンレム睡眠から入るはずがレム睡眠から始まるので、寝ようとしたときに金縛りにあったと感じるのです。

②睡眠不足や不規則な生活:
睡眠不足でもリズムを崩します。夜勤などで仮眠を取るときにも眠りが浅くなるので、金縛りの現象が起きやすいです。不規則な生活では、体内時計が狂います。これも睡眠リズムに影響を与えます。

③睡眠の環境や体位:
寝るときに使用する寝具が体に合わないと、体が疲れたり痛くなるので深い眠りには入れません。そして悪い睡眠環境、散らかりすぎや騒音などでもリズムを狂わせます。また体位では仰向けで寝ると、全身が緩みレム睡眠に入りやすいので金縛りにあいやすいのです。

④緊張や興奮:
緊張状態のままで眠ると、睡眠パターンが崩れます。眠りが浅くなり、夜中に何回も目を覚ましたりします。旅行に出かけると宿泊先の旅館で金縛りにあるというのは、興奮が原因です。

⑤ナルコレプシー
脳疾患の一つ、ナルコレプシーが原因の場合もあります。これは過眠症とも呼ばれていて、日中の普通では眠気が起こるはずがない試験中や仕事中に睡眠発作が起こるのです。そしてこのナルコレプシーと診断された患者のうち、約25%の人が金縛りに合っているこ答えています。

金縛りの防ぎ方

金縛りは心霊現象ではなく、睡眠障害だとわかりました。その原因には疲れや生活リズムの乱れ、緊張などがあります。

しかし「金縛りにあうとお化けが見える」と言う人もいます。これは今起こっている現象に対し、納得できる理由をつける脳の働きに原因があります。

お化けがいるから体が動かなくなったと考えると納得できるからです。あまり怖がらず、リラックスして寝ると金縛りにもあわなくなります。

金縛りにあいやすい人は生活リズムを整えて、心地よい音楽を聴くなどリラックスしてから寝るようにしましょう。また、ナルコレプシーの疑いがある人は病院で検査を受け、治療を受けた方がいいです。

Youtube 「世界一受けたい授業」幽霊・金縛りは脳の仕業だった!?


YouTube 金縛りの謎を追え!

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ