赤面症の治し方とは?

スポンサーリンク

f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s
恋愛ドラマや気になる異性と近づいた時、顔が真っ赤になってしまう事はありませんか?

かわいいと言われる事もありますが、自分の感情を人に知られてしまうのも恥ずかしいですよね。

それに対人恐怖症の1種だと言われている為、克服が必要になってきます。ですので、赤面症の治し方をまとめました。

赤面症のメカニズム

対人恐怖症の1種だと言われており、一見人見知りしない方でも深層心理的にコミュニケーションが苦手だという方にかかりやすい症状だと言われており、ひどい人だとただ話すだけで顔が赤くなる方もいます。

その中で問題なのが、医学的に完全に解明されているわけではないという点です。体質的な物ではなく、精神疾患でもない為、明確な治療法が無いので、どうしても他の精神疾患や他の一般的な心の病と同じような形での治療で行われる可能性があるので、気軽な相談ができずそのまま過ごされる方が多いそうです。

特に自分に影響のあると思った人に対して赤面してしまう方が多い事と、コミュニケーションが得意ではない方がかかりやすいという事から、「変に思われないか」「好意があると思われるのではないか」等と悩んでしまい、本格的な対人恐怖症になってしまう事があるそうです。

赤面症の治し方

抗鬱剤等の薬で一時的に症状が良くなったとしても本当の意味での解決にはならないそうなので、自分の心と向き合っていく形での治療がメインになってきます。

まず取り組むのが自分の気持ちを分析する事です。今までの人生の中の特に子どもの頃、何かの原因があるのか、それとも元々人前で話すのが苦手だからなのかを分析し、それを人と話す時にエピソードトークとして話す等の取り組みを行う事が赤面症克服の第1歩になります。

それでも克服できない場合、自分の気持ちを見つめなおす事です。赤面症には2種類あり、顔が赤くなっても気にしない人と気にする人です。どちらにしろ、自分自身を悪く思わず、赤面してしまう自分の行う事全てをポジティブに受け入れましょう。

次に取り組むのが自己暗示をかける事です。自分に自信が無いと赤面してしまう人が多い為、極端にいうと自分が人と関わるとき、自分はとっても優れた人間なんだと思い込む位がちょうど良いと思います。

これらを踏まえて最も大切な事が、知らないふりをする事です。仮に人前で赤面してしまったとしても、赤面していないようにふるまいましょう。

ここまでが基本的な取り組みですが、それぞれ人によって治し方が異なるそうなので、個人個人に合った取り組みを挙げていきます。
スポンサーリンク


・負けず嫌いな方
人前では堂々としてないといけないと考えている場合が多く、それなのになかなか上手く話せないというギャップから赤面症になる事が多いそうです。ですので、医師である森田さん考案の方法だと開き直って赤面自体を受け入れてしまえばよいという方法があります。赤面症で営業職をされている方で、無理やり大声を出して赤面を、大声を出しているからだと思わせて克服したという方もいるそうです。

・元々人と話す時に緊張してしまう場合
人との会話をポジティブにイメージトレーニングを試してみましょう。実際の会話の時に思い描いたように会話ができると成功体験として感じ、その積み重ねで会話自体が苦ではなくなるようになる事があります。

他の方と一緒に治したい場合、数は非常に少ないですが日本には赤面症の専門家やNPOの組織がいますので、相談する事を考えてみてはいかがでしょうか。そういう場に行けば自分と同じ赤面症だった先生や仲間がいるはずです。ピアカウンセリングという方法で、同じ悩みを抱えた方と話すことで心の負担も軽くなるので、そこから徐々に症状が良くなってくる可能性があります。

赤面症は病気でもないのでそのままにしておく場合が多いですが、治せるに越したことが無いので是非皆さんも少しずつでいいので向き合ってみましょう。
赤面症に付いてより分かりやすく知って頂ければと思いYOUTUBE動画を載せておきます。

赤面症になりやすい人とは?


赤面症を治す方法【精神科医・樺沢紫苑】


赤面症 緊張すると周りがびっくりするくらい赤くなってしまいます【心理カウンセラーたかむれ】

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ