赤ちゃんの鼻水吸引、どうしたらいい?

スポンサーリンク

33853279eb07e6dbf58d2a50541d5d22_s

拭いても拭いてもたれてくる赤ちゃんの鼻水、どうされていますか。

鼻がつまっていると息苦しくて呼吸に影響があります。

放っておくと中耳炎につながる危険も!自分で鼻をかむことができない赤ちゃんは、お母さんが対処してあげるしかありません。

家庭でできる赤ちゃんの鼻水吸引方法をご紹介します。

綿棒で取ってあげる


綿棒の先端部分を鼻の中にいれ、ゆっくりと回転させながら取りのぞいてあげましょう。

取りにくい場合は、綿棒を水などで湿らせると良いかもしれません。

赤ちゃんの鼻の穴はとっても小さいので、細めに作られているベビー用の綿棒もおすすめです。

ポイントは、やさしく慎重に。綿棒は絶対に奥に入れないようにしてください。

鼻の粘膜を傷つけてしまう恐れがあります。奥まで無理やり取ろうとせず、見える部分の鼻水だけ綿棒でそっと取ることが肝心です。

入れる目安は先端部分の太い部分までです。


吸引器で吸ってあげる


鼻水専用の吸引器で吸い取ってあげましょう。吸引器は、口で吸うタイプのものから、電動タイプのものまで多くの機種が販売されています。

・口で吸うタイプ
安価なものが多いです。コンパクトなので持ち運びもしやすいです。お母さんのタイミングでやさしく吸ってあげることができます。

・電動タイプ
ハンディタイプと据え置きタイプがあります。ハンディタイプは、持ち運びもしやすく乾電池で利用できます。据え置きタイプは、吸引力が強く鼻水をしっかり吸い取れ、吸引圧の調整ができるものもあります。

機械を怖がる赤ちゃんもいますので、様子を見ながら試してみてくださいね。


口で吸ってあげる


赤ちゃんの鼻に、直接お母さんの口をあてて吸い取ってあげましょう。

昔はこの方法がよく使われていたようですが、今は衛生面からあまり好まれないようです。

赤ちゃんの風邪が鼻水を通してお母さんにうつる、なんてことも。

外出先などで綿棒や鼻水吸引の道具がなく、赤ちゃんが息苦しくてぐずってしまうような場合に利用するといいかもしれませんね。

吸った鼻水は吐き出して、うがいをしましょう。

鼻水を吸引するタイミング

鼻水がズルズル出てきて苦しそうな時に吸引してあげましょう。

お風呂上りや、暖かい物を食べた後なども鼻水が出やすくなるので、吸引しやすいでしょう。






まとめ


中耳炎などになる前に、鼻水はこまめに吸引してケアしてあげたいですね。

ただし、黄色い、粘っこいなど鼻水の様子がいつもと違うようでしたらお医者さんに見てもらいましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ