赤ちゃんのしゃくれを治す方法とは?

スポンサーリンク

76df856fb548770b7a19441a5cf18831_s
赤ちゃんのしゃくれは可哀想ですよね。元々骨格の問題があるかもしれませんが今回はその辺りを掘り下げて検証していきます。

赤ちゃんのあごのしゃくれを治す方法はある?


あごのしゃくれている人とそうでない人の骨格を調べて見ると、さほど大差はありません。大人の場合は、あごのしゃくれになるまで相当な時間が掛かっています。

例えば虫歯を放置してそのまま過ごしてしまい噛む方向性がいつも同じになってしまったことで結果的にあごしゃくれとなります。

また、うつぶせで眠るなどを繰り返している場合にあごしゃくれになるケースがあるようです。大人になってからあごしゃくれを治すために色々と方法があります。

マウスピースを噛ませるというのも一つの手です。一時的には改善できますが、根本的な改善にはならないようです。

もう一つの方法として美容整形をする事です。この名前をシリコンプラテーゼといい数十万円のお金を掛けて大がかりな手術となります。

口の中にシリコンを埋め込んで理想的なかみ合わせを形成することであごしゃくれを治す方法があります。この方法なら一度行なえば二度と行なう事は無く、半永久的なかみ合わせを形成することが出来る上、あごしゃくれも治ります。

大人の場合でもあごのしゃくれを治すのに意外と苦労するようですし、長年積み重ねてきた癖みたいなものは中々修正することは難しいようです。そのため小さいときからあごのしゃくれになりそうな可能性があれば注意が必要ですね。

では小さい頃からどの様にして治していくのが適当なのでしょうか?一番楽な方法は乳歯矯正です。これについては出来る場合と出来ない場合があるようですので、歯医者をインターネットなどで検索し調べて見てください
スポンサーリンク


小さいながらにして上にも書きましたが、あごの関節が固まったこととかみ合わせが上手くいっていないため、乳歯の生えている頃から器具を口の中に入れて歯並びを継続的に管理することで治すことが出来ます。

しかし奇形や先天的な異常で骨の形が違っている場合等はこの様な治療は出来ません。
あごのしゃくれが気になった場合は早ければ2才ぐらいから対策をはじめて行くのが理想的です。

何故ここから始めるかというと、まだ骨がやらかいので良い方向に矯正しやすいという利点があります。これを行なっておくと将来的に歯並びが綺麗に整いあごしゃくれも自然に改善します。

6才までの間に手術しないと、骨の成長が急激に始まってしまいある程度骨が形成されてからでは手術することが困難になってしまいます。そのため将来的な事を考えれば2才からはじめて6才ぐらいで終了させるのがベストです。

また、あまりあごがしゃくれているからと言っても気にしすぎるのも精神衛生上良くないのも確かです。そのためよほど気になるしゃくれ具合なら早めに医療機関に相談を持ちかけるのがベストですが、どうなるか判断に迷うときはある程度様子を見ましょう。

まとめ


小さい頃から気を付けていても大人になるに従い、色々と生活が変わり後になってからあごしゃくれとなるケースも考えられます。そうならないために子供の時から小さい頃から教育を行なう事が大切だと思います。

また、あごしゃくれは残念ながら遺伝と言うことも考えられます。そのため子供を作るときにあごのしゃくれた親戚は居ないかなど確認をしておくと良いでしょう。居たならばあごしゃくれになる可能性があると覚悟を決めておいた方が良いです。

赤ちゃんの頃から、親が出来ることはできる限り不安のない生活をさせて上げる事です。そのため、あごしゃくれがその子の人生を歪めてしまうというケースもあるかもしれません。
今後あごしゃくれについては色々な治療方法が登場するかもしれませんがとりあえずあごしゃくれを招かない生活をさせることが一番のようですね。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ