舌磨きはどのくらいの頻度でやればいいの?

スポンサーリンク

857ba8fe51cb5acd10839e72a89b2674_s
エチケットという言葉を聞くと、無駄毛の処理や服装を整えるというイメージと一緒に、口臭というキーワードをイメージされた方は多いのではないでしょうか?

口臭をとる為の1番簡単な方法として、歯磨きと一緒に舌磨きをやりますよね?

なんせ口臭を消すのに最も簡単な方法ですし、歯磨きと一緒にやるように教えられてきた方が多いのではないでしょうか?
ですが一方で、舌磨きはあまりやり過ぎると食べ物の味がわからなくなるからほどほどに、舌に傷が付いて、かえって筋がたまりやすくなる等の話も聞いた事があります。
それを信じて舌磨きはしないという方もいらっしゃるそうで、毎日やる物ではないのかと思いました。では一体どのくらいのペースでやるのが正しいのかという事をお調べ致しました。

舌磨きとは

食べ物のにおいもそうですが、口内の乾燥、歯垢、内臓の病気や不良、食べ残しの蓄積による口内の細菌の繁殖等、要因は様々ですが、非常に多くの方の口臭の原因は、舌に白い苔のようなものが張り付いている「舌苔」が原因だそうです。

その舌苔をとる為に行われるのが舌磨きと言われていて、口臭を約75パーセント以上防ぐ事ができる簡単な方法である事と合わせ、口内をより清潔に保つ事ができるので、普段からこの舌磨きを行う方は舌磨きを行わない方と比べてインフルエンザのリスクを大幅に減らす効果もあります。

多くの方は歯磨きのついでに歯ブラシでこすると思います。

舌はとても傷つきやすい為、舌に細かな傷が付き、そこから細菌が侵入し口臭の原因になる事と、舌苔を取り過ぎると毛乳頭と呼ばれる、食べ物が触れる毛のようになっている舌の先が破壊されてしまい、舌に唾液を溜められず、口臭の原因である乾燥を引き起こしてしまいます。

という事で、やはり歯ブラシで舌磨きをやり過ぎるのも良くないという事がわかりました。ですので、舌磨きの正しい方法と、どのくらいの頻度で舌磨きを行えばよいかを次で紹介いたします。

舌苔の種類

舌苔は人によっては微妙に色が違う事があります。個人差や舌磨きの頻度によるものではなく、その人の健康状態を表す物でもありますので、細かく見ていきます。

・白い場合
ほとんどの方は舌苔が白いですが、舌苔の現れ方にも特徴があります。全体的に白くなっている場合、疲れや代謝が悪い時、ストレスが原因である事が多いです。
舌苔の量が多く分厚い場合や、舌苔がまばらになっている場合、消化器系でトラブルを抱えている可能性があります。特に食べ過ぎや栄養バランスによって胃腸が弱っているとこのように舌苔が付きます。

・黄色い場合
喫煙によるものです。ヤニが舌の上に蓄積して黄色くなります。

・黒い舌苔
ごく稀ですが舌苔が黒い方がいらっしゃいます。これは服用している薬などによる抗生物質が原因です。

・全くない場合
舌苔は食べ物を食べたり、口を閉じているだけで自然についてしまう物です。数日位舌苔が無い程度でしたら大丈夫ですが、そういえば舌磨きしてないのに舌苔ここ1年くらい舌の奥の方にすら全然ついてないな、という方は栄養が足りていなかったり、呼吸器でトラブルを抱えている事もあります。
スポンサーリンク


舌磨きの正しいやり方は?どのくらいの頻度で行えばいいの?


歯ブラシを使ってでも舌を傷つけずに正しく行う方法はあります。歯磨き粉はアルコールや細菌の働きを促進する物も含まれている事がある為使わないように、また、極細毛の歯ブラシを使わなければなりませんので準備しましょう。

やり方は、まず毛先を舌に当てないよう、舌の奥から手前に、1か所に付き2回まで、撫でるイメージで舌を掃除します。

ほうきで床を掃除するようなイメージです。これで本当に舌苔が取れるの?と思われるかもしれませんが、舌を傷つけないという事が1番重要ですのでこの方法がベストです。

舌磨き専用のブラシ、ヘラがスーパー等で売られていますので、極細毛の歯ブラシが無い方や専用の器具を使った方が安心だという方は是非お試しください。

合わせて舌磨きの頻度についてなのですが、1日1回を目安にし、特に1日2,3回歯磨きをされる方は注意しましょう。

更に調べると、舌苔は口を使っていない時に溜まっていきますので、舌苔が溜まりきった後の朝に行うと良いです。

いかがでしたか?我々が普段何気なく行っている舌磨きですが、口臭を消すという大きなメリットと合わせて噂通り、やり方によっては舌を傷つけ、かえって口臭がひどくなる可能性があるという事を知る事ができました。

独特な雰囲気等から、歯医者嫌いの方が多いと思います。ですので、口内についての健康を知る機会自体もあまりないのかなと思います。ですが、口は最も雑菌が繁殖しやすく、加えて健康という部分で非常に重要な役割を担っている部分です。

日頃簡単に行う事のできる口腔ケアの1種である歯磨き、舌磨きを正しく行い、健康な毎日を送りましょう。

舌磨きについてより分かりやすくご覧いただければと思い、YOUTUBE動画にて紹介させて頂きます。

舌苔の取り方(口臭予防)

舌苔でわかる体の状態 口腔ケアチャンネル 152

厚い舌苔には食事前のケアを 口腔ケアチャンネル 299

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ