自転車運転中のイヤホンは法律で禁止? 6月1日道路交通法改正

スポンサーリンク

3fa0e15d2cae5f04c30c286211b17da2_s

6月1日から施行された「改正道路交通法」。

危険(悪質)な自転車運転をした人を対象に、安全講習を義務付ける法律です。

この中にイヤホンをしながらの運転が含まれるという噂が広がり、警視庁に問い合わせが殺到しているそうです。

「道路交通法」 自転車 悪質運転危険行為14項目 とは


危険な運転に上げられたのは以下の14項目です。

①信号無視 
②遮断器が下りた踏切への立ち入り 
③一時停止違反 
④酒酔い運転
⑤携帯電話を使用しながら運転し事故を起こしたケースなど安全運転義務違反
⑥ブレーキのない自転車運転 
⑦通行禁止違反 
⑧歩行者用道路での徐行違反など
⑨通行区分違反 
⑩路側帯の歩行者妨害 
⑪交差点での優先道路通行車の妨害など
⑫交差点右折時の優先車妨害など 
⑬環状交差点での安全進行義務違反など
⑭歩道での歩行者妨害

この中には明確にイヤホンについて書かれているものはありません。

でも、だからと言ってイヤホン着用での走行はOKか、というと実は微妙なのです。

というのは、イヤホンで音楽を聴いていて回りの音が聞こえない場合、⑤の「安全運転義務違反」に抵触する可能性があるからです。

道路交通法第70条では「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」とされ、

イヤホンをつけての運転が「(回りの音が聞こえないために)他人に危害を及ぼす」と判断される事があるのです。

実際、6月1日にイヤホン着用で捕まった、という人が結構いたようです。

警視庁などには「両耳はダメでも片耳なら良いのか」「骨伝導型のイヤホンはどうなのか」といった、悪い言い方をすれば「逃げ道」を探そうとする問い合わせが多かったそうです。

「道路交通規則」は道路交通法とは別に各都道府県で定められている


今回話題になっている道路交通法は国が定めた法律ですが、それとは別に、各都道府県には「道路交通規則」が定められています。

例えば東京都の場合は「イヤホーン等を使用して交通に関する音又は声が聞こえないような状態で運転しないこと」、

大阪では「安全な運転に必要な交通に関する音又は声を聞くことができないような音量で、ヘッドホンステレオ等を使用して音楽等を聞きながら運転をしないこと」と定められています。

神奈川県でははっきりと「片耳での使用は違反とはなりません」と記載されていますが、次の項で「両耳でも小さい音で使用し、安全な運転に必要な音または声が聞こえていれば違反ではないが、聞こえない状態での運転は違反」という旨の記載があり、逆に言えば、音が聞こえていると判断されれば両耳イヤホン着用でもOKということです。

これは各都道府県によって違います

「安全な運転に必要な声や音が聞こえない」という表現をどう解釈するか、は自治体や各警察署に任されているからです。

ですので、心配な方は各都道府県警察に直接問い合わせたほうがよさそうです。



イヤホン着用での運転の危険性をきちんと把握しよう


昔は車のエンジン音が大きかったので、イヤホンをしていても車が来ていることにすぐ気づくことができました。

また車自体が少なかったため、エンジン音が聞こえたら反射的によける、という危険回避の動作が身についていました。

ところが今は自動車のエンジン音は小さく、あふれる車の量に慣れきってしまい、身体が危険を察知できなくなっています。

ましてや自転車は音が殆どしませんから、音楽などにひたっていた時に急に別の自転車が飛び出して来ても、頭も身体もすぐ反応できません。

また、これは自転車走行中とは限りませんが、イヤホンやヘッドホンを長時間大きな音で聴いていると「ヘッドホン難聴」になる恐れがあります。

12~35歳の若者の半数がヘッドホン難聴予備軍という発表もされています。

少しずつ聴力が低下していくのですが最初は気づかず、自覚症状が出た時にはもう手遅れ。聴力は一度失うと戻ることはありません。

それだけでなく、聴力が衰えると認知症になる確率が非常に高くなる、とアメリカ国立加齢研究所の調査結果が出ています。

同様に自転車走行中とは限りませんが、イヤホンやヘッドフォン使用時は人通りの多い明るい道を通るように、と警告している警察署もあります。

不審者が後ろから近付いて来ても気づかず、事件に巻き込まれる可能性があるからです。

イヤホンやヘッドホンで一番怖いのが、危険に対する反応が遅れるということです。

音が聞こえなかったばかりに他人の自転車と接触し、自分はもとより相手を傷つけてしまうことも毎日のように起こっています。

「たかが自転車同士」でも、自分や相手の命をうばってしまう危険性があるということを忘れてはいけません。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ