自転車の取り締まり強化で子供も法律違反者に!?

スポンサーリンク

cd64fbab1081709d9044b17bb8a1bdec_s

道路交通法改正により、自転車の規制が6月1日から強化されました。道路交通法上自転車は車両扱いなので、違反をすると取り締まりの対象になってしまうことに。

つまり、場合によっては「前科」がついてしまうことになったのです。

14歳以上なら大人と同様に取り締まり対象に


これまでも自転車には赤切符(罰金)があったのですが、実際のところは殆ど適用されたことはありませんでした。

というのも赤切符は書類作成などに手間がかかるため、かなり悪質な違反でないと適用されなかったのです。

適用されるのは殆ど自動車の酒気帯びや危険運転などでした。

ところが今度の改正で罰金の支払いに加え、悪質な交通違反を繰り返す自転車の運転者に安全講習を受講させる制度がスタート。

14歳以上が対象となり、3年間の間に2回摘発された場合、この安全講習を受けなければなりません。

手数料は5700円かかり、3時間の講習プラス理解度のテストが最後にあります。

もし受講しないままでいると、裁判所からの呼び出しの上罰金となり、「前科者」になってしまうのです。

どんな違反が対象になるのか
今回の改正で対象とされることになったのはこの14項目です。詳しく見ていくと

①信号無視 
②遮断器が下りた踏切への立ち入り 
③一時停止違反(停止は片足を地面につけること)
④酒酔い運転 
⑤安全運転義務違反(携帯電話や傘を使用しながらの片手運転など)
⑥ブレーキのない自転車運転(競技用自転車の一部にはブレーキが前輪のみ、または後輪のみのものがあるが、公道を走るのは違反)
⑦通行禁止違反 
⑧歩行者用道路での徐行違反など(道路標識で自転車通行可となっている歩道などでは歩道を走行できるが、歩行者を優先すること。標識以下の速度でも、歩行者にとって危険とみなされれば違反)
⑨通行区分違反(車道の左側を車と同じ流れで走る、自転車道がある時はそこを走行する、など)
⑩路側帯の歩行者妨害
⑪交差点での優先道路通行車の妨害など
⑫交差点右折時の優先車妨害など
⑬環状交差点での安全進行義務違反など
⑭歩道での歩行者妨害(通行可の歩道でも、車道寄りを走行し、歩行者の妨害になる時には一時停止すること)

⑤に属すると思われるイヤホンの使用自体は禁じられていませんが、今回の改正とは別に以前から「安全な運転に必要な声や音が聞こえない」場合は違反とされていました。

ですから、片耳でも大音量で回りの音が聞こえないようなら違反ですし、両耳でも小さい音なら問題なし、という見解が出されています。

ただ、何をもって違反となるかは各自治体や取り締まりの警察官の判断になるため、6月1日改正法施行初日には、「片耳のイヤホンでも捕まった」「両耳でガンガン聴いてたけど全然オッケー」などの声がネット上を飛び交いました。

その他、「歩行者にベル鳴らしたら捕まった」「スマホいじりながら自転車乗ってたら捕まった」「傘さし運転してたら警察署の前で注意された」などなど、これまで当たり前にやって来ていた事が実は違反だとわかって驚く声が次々に上げられています。



重すぎる現実が子供・保護者に降りかかる場合も


もちろん、違反で赤切符をもらってしまう事は問題です。

ですが、最も問題になるのは加害者になり、刑事上・民事上の責任を問われることです。

子供だからといって、起こした事故がチャラになる訳ではありません。

未成年の場合は保護者が損害賠償をしなければいけませんし、場合によっては額が1億近くなることも。実際判例があります。

こういった事態になった場合、親子で一生支払い続けなくてはならないかもしれないのです。

自転車走行中何をすると違反なのかを家族全員がきちんと理解しなくてはいけません。

更に、違反した場合の最悪の事態を想定する事も大切です。

万が一の時のために、自転車保険に加入しておくことをお勧めします。

現在は自転車だけに特化した保険は殆どありませんが、自転車の事故に手厚い傷害保険や賠償責任保険などがあり、保険料が月500円程度と格安です。

自動車保険や火災保険、傷害保険などの特約として入れる場合が多いので、一度加入している保険を見直してみてはいかがでしょうか。

自転車事故に備えるためには加害者用の賠償責任、被害者になった時の補償(弁護士費用など)、自身のケガのための傷害保険など、それぞれのニーズによって違います。

被害者側になることも当然考えられますから、そちらの対策も忘れないようにしましょう。

大げさなようですが、たった一度の事故が家族全員の人生を変えてしまうかもしれない、ということを絶対に忘れてはいけません。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ