自転車で歩道を走るのは法律違反?

スポンサーリンク

74f5b717323a2668a535a6da35bdba95_s

自転車利用者が増加の一途をたどり、自転車のルール違反、マナー違反や交通事故が非常に増えている昨今。

手軽で便利、年齢に関係なく使用できることは素晴らしいのですが、毎日のように自転車がからむ事故が起きているのも事実です。

今回、6月1日より自転車運転者講習制度がスタートした背景には、そうしたことがあるのです。

あまりに手軽すぎて、自転車に法律が適用されるという認識がなかった人は、今回きちんと自転車のルールを勉強しませんか?

自転車が関係する道路交通法の基本―車両?歩行者?


 ①自転車は、道路交通法上は「車両」とみなされる
 ②ただし、自転車から降りて押して歩いている場合は「歩行者」となる

実はこの②、結構細かく分かれています。

自転車を走らせていなくても、サドルに座っていたり、座っていなくてもペダルに足をかけていたり、どちらもしていなくてもフレームにまたがっているだけで、車両扱いとなるのです。

通行が禁止されている道路


道路標識で車両の通行が禁止されている場合は、自転車も通行できません。その他に自転車の通行が禁止されている道路もあります。

これに違反すると、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金となります。

ただし、自転車通行可能な歩道がある場合は、車道部分が自転車通行禁止であっても、歩道部分は通行できます。

その場合は、歩道の中央より車道寄りを、徐行して走らなくてはいけないことになっています。

また、軽車両通行止めの標識は自転車は含まれませんので、通行することができます。

歩行者用道路は自転車で通行できる?


基本的に、歩行者用の道路は道路全体が歩行者専用なので、車両の通行は禁止されています。

当然自転車も通行できません。

ただし、道路標識に「自転車を除く」旨が記載されていれば、通行できます。

この場合も、徐行しなくてはいけません。

徐行しなかった場合、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金となります。

ちなみに、横断歩道も歩行者用道路ですから、歩行者がいれば必ず徐行しなくてはいけませんし、歩行者を優先させなければ違反となり、同様の懲役または罰金となりますので、気をつけましょう。

歩道等を通行する時のルール


歩道には厳密に言って通常の歩道と、路側帯(ろそくたい)と呼ばれる白い実線から路端までの部分があり、合わせて歩道等と言っています。

自転車は車両扱いですから、歩道ではなく車道を走らなくてはいけないのですが、路側帯は通行することができます。

ただし、「道路の左側に設けられたものに限り」という制約があります。

路側帯内では、どの位置を走行しても問題ありませんが、歩行者の通行が優先です。

自転車走行が許可された歩道を通行する場合、一方通行規制されていなければ、道路のどちら側にあるものでも通行できます。

歩道の中央より車道寄りの部分を通行することと定められています。

歩道を通行する時には、歩行者の有無にかかわらず常に徐行しなくてはいけません。

歩行者優先なので、歩行の妨害になる時は一時停止します。

また、併走や追い越しは許されていますが、歩道の中央から車道寄りの部分の間です。

交差点周辺では車道を横断することになりますが、この場合は車道の横断方法に沿います。



歩道を走行すると何が危険?


一番危険なのは言うまでもなく歩行者や自転車同士の接触ですね。

事故によるケガやその後の後遺症や障害はもちろんのこと、時々問題になっているのが、加害者となった人から被害者への損害賠償金です。

平成20年に神戸で起きた事件では、当時11歳だった少年が散歩中の67歳の女性と正面衝突し、女性は今も意識不明です。

神戸地裁は少年の母親に監督義務を果たしていないとして、9500万円の賠償を命じたのです。

また平成17年には横浜で携帯電話を操作しながら無点灯で自転車で走行していた女子高生が看護師の女性に追突し、看護師が歩行困難になったとして、5000万円の支払いを命じられています。自転車は凶器になり得るということを忘れてはいけません。

また、自転車が歩道を通行するほうが車道を走るより危険だという統計が出ています。歩道を通行する自転車は、植樹やガードレールなどによって自動車から見えにくいため、急に(と認識される)曲がって来た自転車と交差点で接触事故を起こしてしまうのです。

もともとは車道を走るのが当たり前だった自転車が、昭和40年代自動車の急激な普及と共に接触事故を起こすようになり、歩道の通行が暫定的に認められました。

ところがそのまま定着してしまい、今度は歩行者との事故が増大するようになってしまいました。

法律なんてめんどくさい、とお考えの方もいらっしゃるでしょう。ただ、事故を起こしたら被害者・加害者どちらになっても一生を棒に振るかもしれない、ということだけは忘れないようにしてください。

スポンサーリンク



One Response to “自転車で歩道を走るのは法律違反?”

  1. さとう より:

    各国は重大事故減少の為に自動車を削減して自転車を増やしているようです。
    http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/car/1461543122/

    歩道の歩行者でさえ何に加害されて死亡しているかというと、ほぼ100%が自動車ですから、自動車を削減して自転車を増やす政策は合理的なのでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ