脳をだませ!視線誘導テクニック!

スポンサーリンク

38d0192deaf16a13b44538355ef2a2dc_s

みなさん視線誘導をご存知でしょうか?

視線を……誘導する……?なんだか難しそうな呼び方ですが、じつはとってもシンプル。

ちょっとしたテクニックを使って視線を誘導することで、スポーツやファッションがスキルアップできるかも!

視線誘導をご紹介します。

視線を誘導する


視線誘導とは、その名の通り、人の視線を誘導したい方向へ導くことをいいます。

例えば漫画を読むとき、1コマ目のセリフを見た後、自然と次のコマ・セリフがわかり、流れるような視線で読むことができますよね。

実はこの自然に読むことができるというのは、あなたが漫画家さんに視線誘導されているからなのです。

キャラクターの視線やからだの向き、セリフの吹き出しの大きさ、線の太さなど様々なテクニックを使って、わたしたち読み手の視線がスムーズに流れるようにページ構成がされているのです。

視線誘導は漫画の他にも、絵画、写真、映画、デザインなどの分野で広く使われています。

スポンサーリンク



視線誘導で見えない先を見せる


視線誘導が使われているモノは、わたしたちの日常生活の中でもよく見かけます。

代表的なものが、道路の片側または中央にあるポールやライト

デリネーターという名前なのですが、総称として視線誘導施設とも呼ばれます。

道路の端の場所や、どの方向にカーブしているのかなどを明示して、運転手の視線を誘導しています。

たしかに、運転中、路の先が見えない道路でも、デリネーターの並びやその間隔が視界に入ることで、自然と路の形状がイメージでき、安全に運転できますよね。

視線誘導で判断を誤らせる


視線誘導が利用される分野で有名なのはマジックです。

ミスディレクションとも呼ばれます。

お客さんの判断力を間違ったほうにそらせたり、判断を誤らせたりする手法です。

例えばコインマジックなら、左手にコインを隠し持っていることがわからないように、お客さんが右手に注目するような動作をして視線を誘導します。

右手を大きく動かす、カップを持って中が空っぽなことをあえて見せる、『チャリン』とコインがぶつかる音をならす、など様々な手法を使って注目させます。

……という原理はわかっていても、プロのマジシャンの方の技は何度見ても引っかかってしまいます。

とても自然に、間違った方へ視線が誘導されてしまいますね。

Two Cups Routine By Tommy Wonder


スポーツでも視線誘導は使われています。

フェイントです。

味方にパスを出すふりをして、シュートを打つ!その逆で、シュートを打つふりをして、近くにいる味方にパスを出す!

というように、敵の視線を誘導することで守備を破ります。

敵にフェイントをかけるとき、動作だけでも意表をつけますが、実際の動作とは反対のほうに視線を送ることで、より効果的に敵を欺くことができます。

サッカーやバスケットボールでは、味方の方を見ずにパスを出す、ノールックパスがよく使われます。

格闘技でも、技を出すときにフェイントで視線をはずし、相手の注意をそらすそうです。

バスケの教則DVDのサンプル②



視線でダマす!サッカー【キックフェイントのコツ】


高橋佑汰選手ならではのフェイントからのハイキック



視線誘導で体型をカバーする


ファッション分野でも視線誘導は大活躍してくれます。

これは女性にはうれしい効果ですよね。

ダイエットは大変ですが、視線誘導テクニックはとっても簡単に体型をカバーすることができます。

細く見せたい人は、ボーダー(横しま)よりもストライプ(縦しま)がおすすめ。

縦のラインを強調することで、着やせして見えます。

胸を大きく見せたいなら、無理やり谷間を作らなくても大丈夫!

胸元にフリルやポケットなどの装飾がある服を選ぶと、胸元が強調されるので視線が集まりやすくなります。

ウエストにくびれがほしい人は、ベルトを活用しましょう。ウエストをマークすると、しまって見えます。

小顔に見せたい人は、首元がVラインのトップスを選ぶといいでしょう。

あごのラインがシャープに見えますよ。

シャツは、ボタンを全部しめてしまうと、首元がつまって見え顔が強調されてしまいます。

ボタンは2~3個あけてVラインを作っちゃいましょう。

肩幅が広くて悩んでいるなら、大きな衿のある服を。

衿に視線が誘導され、肩幅が注目されにくくなります。

胸元が大きく開いた服も効果的ですよ。

濃い色を選ぶと、肌の白さとのコントラストでより視線を誘導できます。

ぽっちゃりコーデファッション


さいごに

いかがでしたでしょうか。視線誘導は、思っていたよりもずっと身近なテクニックでしたね。

日々の生活に効果的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ