結婚式スピーチのお礼は必須?マナーや常識を大事に!

スポンサーリンク

163daae4d1a8c79bf8fa3d7cfa59cda0_s
”親しき中にも礼儀あり”で結婚式のスピーチを友人にお願いしたら何かしらのお礼をすべきでしょう。

ただ、”お礼”といってもお金がいいのか物がいいのか…友人ならまだ考えやすいですが職場の上司や恩師など目上の人だと尚更決めあぐねてしまいますよね。

また、スピーチ以外にも結婚式の受付や乾杯の音頭のお願いした方、遠方からの来客等いつ、いくら位、どのようにお礼をしたらいいのかなど・・・結婚式を何回もしているベテランならともかく、通常結婚式は一生に一回のイベントなので意外と知らない“マナー”や“常識”だらけで混乱していませんか?

今回は一般的な結婚式でのお礼についてご紹介します。




■スピーチのお礼は何がいい?

結婚式のスピーチは内容を考えたり練習したり頼んだ相手の時間も労力も割いてもらう事となりますので何かしらのお礼はした方がいいでしょう。

・友人の場合
仲のいい友人の場合は三千円~五千円をお礼として包むか、それ相応の品物、もしくは新婚旅行のお土産を少し奮発したものを渡しましょう。

・上司や恩師
“御車代”として一万円~二万円をスピーチを頼んだ側の親から渡しましょう。

■お礼を渡すタイミングは?

お礼を渡すタイミングは友人の場合は当日の披露宴終了後か後日、上司や恩師の場合は披露宴が始まる前にスピーチを頼んだ側の親から挨拶をし、さりげなく渡してもらいましょう。

■スピーチ以外の係りの人へのお礼は?

スピーチ以外にも結婚式には様々な役割を来客者にお願いします。役割別のお礼の相場は下記の通りです。

・受付
“お礼”として三千円から五千円を受付が始まる前に頼んだ側の親から渡しましょう。

・主賓・乾杯の音頭をお願いした人
頼んだ側の親から“御車代”として一万円以上を渡します。タイミングは受付後にお礼の言葉を添えてさりげなく渡しましょう。

・遠方からの来客
交通費の全額、もしくは半額を“御車代”として渡しましょう。事前に遠方からの来客をリストアップし、リストと御車代を式が始まる前に受付の係りの人へ渡し、受付の係りの人から遠方からの来客者へ渡してもらうようにお願いしましょう。
スポンサーリンク


・司会
司会は打ち合わせや準備で拘束時間も多く、結婚式当日は食事もほぼできない為、ご祝儀は受け取らず、“お礼”として二~三万程を結婚式が始まる前に両家の親より渡します。

・歌や演奏
仲のいい友人で1、2曲程度なら新婚旅行のお土産を奮発する程度。長時間の演奏の場合は“お礼”として一~三万披露宴終了後にお願いした側の親から渡すか、後日新郎新婦より直接渡す。

・写真やビデオ撮影
長時間の撮影をお願いする場合は“お礼”として一~三万披露宴終了後にお願いした側の親から渡すか、後日新郎新婦より直接渡す。

■式場のスタッフへのお礼も必要?


必須ではありませんが“心付け”として結婚式前に最低三千円~一万円を役割に応じて渡すのが一般的です。

尚、式場によっては心付けを受け取ってはいけない規則がある場合の所もありますのでその時は無理に渡す必要はありませんし、心付けを渡さなかったからといてサービスの質が落ちるという事もありませんのでご安心を。


結婚式は素敵な式場で美しいドレスを身にまとい、華やかで女性の憧れですよね。一生に一回(人によっては数回?)の一大イベントですがその反面、式場選びに始まり、式の段取りや引き出物、席順、引き出物やお礼など色々考えることや決めることが山積みでこの時期に早くも夫婦喧嘩が勃発するほど大変でもあります。

また、マナーをしっかり守って行わないと親族や友人に“常識が無い人”のレッテルを貼られたり、人間関係の亀裂の起因になりかねないので事前にしっかりマナーをリサーチしてから式に臨みましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ