結婚報告は計画的に!知っておきたいルールとマナー

スポンサーリンク

86340aed7bfaa8cf89f14f89a587a67b_s

結婚が決まったら、親や友人などお世話になっている人たちへ結婚報告をしましょう。

ハッピーな気持ちを早くみんなに伝えた~い!という気持ちもわかりますが、焦りすぎは禁物

計画的に報告を進めていきましょう。知っておきたい基本的なルール、マナーをご紹介します。


親への報告


最初に報告するのは、なんといってもお互いの親

パートナーと結婚の意志を確認しあったら、まずは各自親に報告しましょう。

直接会って話すのが一番いいのでしょうけど、なんだか気恥ずかしい人は電話でもいいので、結婚したい人がいることを伝えます。

きっと喜んでくれることでしょう!各自の報告が終わったら、日程を調整してふたりそろってあいさつへ行きましょう。

結婚はふたりだけの問題ではありません。

結婚の意志をしっかりと伝え、きちんと承諾をもらいましょう。

男性がリードして報告すると◎です。

あいさつは、まずは女性側へ行くのが一般的です。

結婚までにいろいろなイベントがありますが、男性が一番緊張する瞬間なのではないでしょうか。

相手の目を見て、結婚を許してほしい旨をしっかりと伝えましょう。

ちなみに、よくテレビドラマで「お嬢さんを僕にください!」と言っているの見かけますが、実際はこのセリフはNG

娘をモノ扱いするな!と不快に感じる人もいるのでご注意を。

女性側の承諾をもらえたら、次は男性側の実家へ。

結婚したい旨を、男性から親へ伝えます。女性は「よろしくお願いします」と一言そえる程度で大丈夫。

あんまり出しゃばって話すと、「ずうずうしい子だな」と感じられるかも。

女性は男性よりも3歩くらい後ろから、男性を立てるよう意識すると好印象かもしれません。

親に挨拶に行くときの服装は、セミフォーマルな装いがおすすめです。

男性はシンプルなスーツ、女性はスーツやワンピースが一般的です。

カジュアルすぎる服装だと真剣さが伝わらないかも?!身だしなみにも注意しましょう。

また、手土産を持って行く場合は、相手の好みを反映したこだわりの品を事前に用意しましょう。

『挨拶当日に近所のスーパーで買った焼き菓子の詰め合わせ』なんて、意外とすぐバレますよ。心をこめて選びましょう。

成功する人の”おみやげ”の渡し方とは?


スポンサーリンク




親族・友人への報告


親の承諾をもらえたら次は、親族や仲のいい友人に報告しましょう。

親族には、それぞれの親が報告することが多いですが、近い身内には自分で報告するとよりよいでしょう。

心から祝福してもらえることが、何よりもうれしいですね。

結婚&赤ちゃん報告 おじいちゃん


友人に報告するときは、結婚式・二次会に招待するかどうかを決めてから連絡すると対応がスムーズです。

特に結婚式は、たくさんの友人を招待したいかもしれませんが、それだけ費用も高くなってしまいます。

招待客のリストが決まった時点で連絡するのがマナーです。

友人内で「わたしだけ結婚を知らなかった……」とならないように、報告漏れがないようチェックしましょう。

式に招待する人、しない人で伝え方を変える気遣いもお忘れなく。

職場への報告


職場への結婚報告もぬかりなくすませましょう。

目安としては挙式・入籍の3ヶ月前ぐらいまでには報告を。

このときに大切なのは、報告する順番です。

まずは上司に報告です。朝礼など時間を作ってもらい全体に発表する、自分でひとりひとりに報告するなど、職場の人にどうやって結婚報告するのか相談しましょう。

ひとりひとりに報告する場合は、上司→先輩→同僚の順番がいいでしょう。

結婚式・新婚旅行のための長期休暇や、姓が変わる場合は名刺やメールアドレスの変更手続きなどで、職場の人にはたくさんの影響があります。

迷惑をかける人には、しっかりと報告するものビジネスマナーです。

結婚式後の報告


報告といえば、結婚式後に送るハガキもありますよね。結婚式に出席してくださった人への感謝の気持ちを伝えましょう。

また、遠方に住んでいる友人などにパートナーを紹介する意味もあります。

最近では、結婚式後の暑中見舞いや年賀状として送ることが多いようです。

結婚報告年賀ムービー


【PowerPoint で簡単】結婚報告ハガキを作ろう!


さいごに

結婚報告は、親から友人・同僚まで、その後の人間関係にも影響する大切なイベントです。誰からも祝福してもらえるように、しっかりと計画を立てて結婚報告をしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す

サブコンテンツ